体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オールドナムコファン必見!ギミック満載のジャンプアクション「PAC′N-JUMP」【Androidアプリ】

オールドナムコファン必見!ギミック満載のジャンプアクション「PAC′N-JUMP」【Androidアプリ】


オールドナムコゲームの世界をパックマンが飛び回る?!
パックマン(初代デザイン)を操作してマッピーやドルアーガ、ゼビウスの世界をジャンプのみで上へ上へと駆け上がっていく、仕掛けと小ネタ満載のAndroid向けジャンプアクションゲーム「PAC’N-JUMP」を紹介します。

01

タイトル画面

■遊び方
ゲームの基本ルールはよくあるジャンプアクションで自動でひたすらジャンプし続けるパックマンを左右に操作して足場に乗っかってさらに上を目指す、といった内容です。
ですが、数多のオジャマキャラ(敵)や特殊な仕掛けが行く手を阻んできます。
ゲーム中は、オジャマキャラだけでなくゲームを有利に進めるアイテムなども登場し、上手に活用することで障害をより簡単に切り抜けられるようになります。
パックマンが画面下に落下したり敵キャラクターに接触すると(一部接触しても大丈夫な敵アリ)ミスとなりゲームオーバー。
ステージは全8種類、ステージクリアの概念はなく、ミスするまでエンドレスで続きます。
また、ダウンロード直後はステージ1のみしか遊ぶことができず、他のステージはゲーム中に特定の条件を満たすか別途2~8ステージをDLC(ダウンロードコンテンツ)として追加購入するかのどちらかで遊ぶことができます。

02

ステージ1(パックマンステージ)

■操作方法
本作の操作方法はオプション設定で以下の3種類から選ぶことができます。
・加速度センサー…本体内の加速度センサーを使って端末を左右に傾けて操作します。
・VパッドA…画面タッチのアナログ入力によるモードです。直接スライドバーに触れていなくても指などで画面をスライドすれば反応します。
・VパッドD…画面タッチのデジタルボタン「←→」が画面下に表示されます。ボタン部をタッチしたときのみパックマンが左右に動きます。

■アイテム
パックマンお馴染みのものから他タイトルからやってきたものも。
クッキー(エサ)…初代パックマンおなじみのエサ。食べるとパックマンが少し跳ねます。この性質を利用しないと勧めない場面があります。
パワークッキー(パワーエサ)…こちらも初代パックマンでお馴染み。食べるとパックマンが大きく跳ね上がり、更にBGMが変わりパックマンが一定時間無敵になります。パックマンが無敵の間はオジャマキャラを接触すると倒す(食べる?)ことが出来、後述のフードアイテムと同様の効果を得ることができます。
フードアイテム…チェリーやカギ(!)、釣鐘(!!)、ギャラクシアンボス(!!!)が該当します。食べると大きく飛び上がります。飛び上がりの上昇中に敵に接触するとはじき飛ばして倒すことができます。「食べ物じゃないものの方が多いじゃないか」というツッコミは無粋でございます。(原作がこうなんですから)
キャンドル…ドルアーガの塔にも出てきたアイテム。暗いステージなどで登場し食べる(?)と一定時間周囲を明るくします。
帽子・風船…パックランドでパックマンが被っていた帽子とマッピーのボーナスステージで出ていた風船。取ると一定時間浮き上がり自動的に上へゆっくり上がっていきます。
スペシャルフラッグ…ナムコのゲームにおいて非常に大きなボーナスが得られるお約束のアイテム。食べるとフードアイテム数個分の特大ジャンプをします。

03

パワークッキー(エサ)とスペシャルフラッグ

■ステージ紹介
ステージ1(パックマンステージ)…初代パックマンをモチーフにしたステージ、登場する敵キャラクターはアカベェ・ピンキーなどのパックマンおなじみのゴーストの皆さん。
このステージのみ最初からプレイ可。

※ここからは有料のステージパックを購入するかゲーム中に特定の条件を満たす必要があります。
ステージ2(ディグダグステージ)…元になったタイトルが地中が舞台のため一定時間経過すると画面が暗くなるようになっている。そのため途中に現れるキャンドルを回収しながらのプレイとなる。敵キャラクターはプーカァや岩、ファイガー。ファイガーは原作通り炎を吹いて攻撃してくるので注意。

09

ディグダグステージ。プーカァは床に対して逆さまになっていることもあります。
ステージ3(ラリーXステージ)…ステージ中に登場する敵のマイカー(青)とレッドカー(赤)は接触してもミスにならない珍しい敵。ただし接触すると跳ね飛ばされるので注意は必要。原作通り岩は接触したらアウト。

ステージ4(ギャラガステージ)…足元が少なく道中にあるエサを食べて跳ねる性質を利用したギミックが登場。
ある種別ゲーと化します。敵キャラはギャラガ編隊、キャプチャービームなどは使ってこないのであしからず。

04

ギャラガステージ。落ちてもアウト、敵に触れてもアウトな上級者向けステージ
ステージ5(マッピーステージ)…マッピーなのでトランポリンが登場します。このステージのみ釣鐘は敵キャラクターとして登場、触れるとアウトです。また、原作だとプレイヤーの心強い武器だったパワードアは敵キャラクターになっています。マイクロ波は接触してもミスになりませんが、接触すると一定距離押し出されます。敵キャラクターはミューキーズやニャームコ、ご先祖さま・パワードア。

05

マッピーステージ。トランポリンで高く飛び上がることができる爽快感のあるステージ
ステージ6(パックランドステージ)…BGMが原作の帰りステージのBGMになっているので焦りやすい印象。唯一帽子アイテムが登場するステージで、登場頻度も大目。原作通りアスレチック要素が強くスー(原作にも登場した敵キャラクターでプレイヤーを執拗に追いかけてくる)まで登場するので、いかに焦らずに進むかが大事。敵キャラクターはブリンクやスーなどパックランドに登場するゴーストのみなさん。

06

パックランドステージ。初代デザインのパックマンがパックランドの帽子をかぶっているというギャップも楽しい。
ステージ7(ドルアーガの塔ステージ)…このステージもキャンドルの要素あり。アスレチックな面よりもとにかく多彩な敵キャラクターがさまざまな方法で邪魔をしてくるのが特徴のステージ。パワーエサのありがたみが顕著なステージと言えるかも。敵キャラクターはウィザードやレッドスライム、クオックスにドルアーガなど。

07

ドルアーガの塔ステージ。クオックスは当然、炎を吹いてくるので要注意!
ステージ8(ゼビウスステージ)…床がきさらぎちはバキュラになっているステージ。比較的オーソドックスな作りと見せかけてキャンドルを除くすべての要素がちりばめられており、テクニックが要求される。スコア30000点前後でアイツが出てきます。敵キャラクターはトーロイド、スパリオ・タルケンにアンドアジェネシスなど。

08

ゼビウスステージ。原作でこの組み合わせが出てきたら泣くしかないですね(苦笑

オールドナムコゲームファンの心をくすぐる演出と非常に心地よいアレンジのなされた各ステージBGM。
ゲームとしての良好で中毒性も十分、まずは遊んでみることをオススメします。

10

ゲームオーバー後タイトルに戻ると直前のステージ風にタイトル画面が変わるなんて細かい芸も…

記事執筆:河童丸

[Image] QRコード

アプリ名:PAC’N-JUMP
価格:無料(追加ステージパック2-8まとめ買い500円)
カテゴリ:アーケード&アクション
開発者:NAMCO BANDAI Games Inc.
バージョン:1.0.2
ANDROID 要件:2.2 以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=com.namcobandaigames.pacnjump_and#?

btn_android

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
PAC’N-JUMP公式ページ)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。