ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デスクトップ代わりに使える低価格ノート レノボのIdeaPad Z480はIvy Bridege搭載

デスクトップ代わりに使える低価格ノート レノボのIdeaPad Z480はIvy Bridege搭載

巷はWWDCで発表されたアップルの新型ノート「MacBook Air/Pro」の話題で持ち切りだ。特にRetinaディスプレイを搭載したMacBook Proは、解像度が2880×1800ドットという超高解像度なので従来の感覚を大きく凌駕する高精細さが魅力だ。PCで作業をしているイラストレータさんや漫画家さん、アニメーターさんなどがこぞって購入したとしてもおかしくないだろう。

そうは言ってもRetinaディスプレイモデルの18万4800円からという値段を考えると、CPUをCore i7の高クロックモデルにしてメモリーを倍に増やしてSSDを768MBにすると余裕で30万円近くになってしまう。確かにそれだけの価値はあるのだが、この厳しい経済状態でかつ先立つものが無い人にとって30万円という金額は、おいそれとねん出できるものではないだろう。

MacBook Pro並みとはいかなくてもIvy Bridge搭載で2kg台のWindowsノートPCなら、選択肢はいくらでもある。中でもコストパフォーマンスに優れるのが本日発表されたレノボのノート「IdeaPad Z480」だろう。実売で6万円台からと安価ながら第3世代のIntel Core i5シリーズ(Ivy Bridge)を搭載しているのが特長だ。単純計算だがMacBook Proの最低構成価格で何と3台購入できてしまうという安さが魅力だ。グラファイトグレー、チェリーレッド、コーラルブルーの3色のカラバリが用意されている。

極端な話、18万4800円をどう使うかといった選択の問題にした場合、MacBook Proを標準構成で買うか、それともIdeaPad Z480を家族用に3台購入して個別に使うといった選択もある。独身なのであれば、1台買えば12万円近い節約になる。このスペックならデスクトップ代わりでも十分役に立ってくれるだろう。

MacBook Proという高級機の購入は、“持てる喜び”や“ライフスタイルの充実”といった点で否定するものではないが、IdeaPad Z480という“実を取る”という選択だって全然アリだと思うのだ。

主な仕様(量販店モデル)
CPU:Intel Core i5-3210M(2.5GHz、最高3.1GHz)
・グラフィック:Intel HD Graphics 4000
・メインメモリー:4Gバイト(最大8Gバイト)
・HDD:500Gバイト
・光学ドライブ:DVD スーパーマルチドライブ
・液晶:14インチグレアHD WLED液晶(1366×768ドット)
・ワイヤレスインターフェイス:802.11n無線LAN、Bluetooth v4.0
・有線LAN:10BASE-T/100BASE-TX
・5 in 1 メディア・カード・リーダー
・重量:2.3kg(バッテリー含む)
・OS:Windows 7 Home Premium SP1 64bit版

※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)
ITライフハック

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。