「なんだ、世界チャンピオンのスパイダーマンか」ヨーヨー世界大会・日本人チャンピオンの「スパイダーマン」動画に驚きの過去!

access_time create folderエンタメ 動画

SHU TAKADA/高田柊さんの投稿したハイパーヨーヨーのパフォーマンス動画が話題となっています。
こちらの動画は10月22日にTwitterを介して投稿されたもの。24時間で6万件の“いいね”、1.9万リツイートを叩き出しています。

その動画とは、両手にハイパーヨーヨーを備えたスパイダーマンに扮したもの。
TAKADAさんの操るヨーヨーは、さながらウェブ・シューターから発射される糸のごとく、鮮やかに空を舞います。

https://twitter.com/TKD_SHU/status/1186492605091049473?s=20 [リンク]

スパイダーマンの世界観と見事にマッチしたこのパフォーマンスに、国内外から多くのコメントが寄せられています。

・That’s hot
・凄いです! かっこいいです!
・カッコイイ
・純粋にすげえ
・Very cool!
・ヨーヨーを糸に見立てるのはセンスいいわ…
・なんだシュウさんかと思ったらスパイダーマンか
・Yo are a true Yo-Master

もともとTAKADAさん、「小さい頃はケーブルテレビでカートゥーンネットワークの番組ばっかり見ていて、スパイダーマンが大好きだった」のだとか。(関係者・談)

ちなみにTAKADAさん、小学生だった頃にベッキーさんとTV「世界の果てまでイッテQ!」でも共演し、世界チャンピオンに輝いたのちの2018年に再開しています。何この情報量の多さ!(笑)

この投稿をInstagramで見る

ビックリしたことが起きました。 先日のBeatsのイベントにて。 イベント前にある男性に『同じステージで、ヨーヨーのパフォーマンスをさせていただきます、タカダシュウです。』と挨拶されました。 …ん??????⚡️ そのお名前を聞いた瞬間に、11年前の思い出がフラッシュバック。 『え…まさか…』と言ったら『11年前、ロケでお世話になりました。』と。 そうなんです。 11年前、一緒にロケでニュージーランドに行って『世界一長いヨーヨーをキャッチできるか』っていうロケをした、あの小学生のシュウ君だったんです! 100メートルのヨーヨーを作って、ニュージーランドの縦の洞窟で一緒にがんばって、奇跡を起こしてくれたシュウ君! 『世界チャンピオンになるのが夢です!』と言っていた、あのシュウ君! なんと、その後、四年連続でヨーヨーの世界チャンピオンに輝いたそうです。 感動。 こんな再会があるなんて。 会えて嬉しかった。 名前入りのヨーヨーが発売されるくらい、すごい人になっていた! いやぁ、すごくいい一日でした。 シュウくん、ありがとう。 これからもがんばってね! それにしても…11年も経つと、こんなに身長って抜かれるんだなぁ。笑

Becky ベッキー 🇯🇵🇬🇧さん(@becky_dayo)がシェアした投稿 –

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ 動画

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧