ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

行列ができる地元民に人気のローカル店「丸林魯肉飯(ワンリンルーロウファン)」を現地ルポ【台湾】

地元民に人気の「丸林魯肉飯」

地元民が並ぶ人気店「丸林魯肉飯」

駅から歩いて10分程度で見えてくる「丸林魯肉飯」

「丸林魯肉飯」は、台湾人が「魯肉飯を食べるならここ!」とオススメするくらい人気のお店です。地下鉄円山駅から徒歩10分くらい歩いた場所にあります。大きな黄色い看板が目印。

「魯肉飯」は、豚バラ肉を甘辛く煮込んだ料理で、白いご飯にかけていただきます。台湾ではあちこちで食べられるソウルフードのひとつです。

店内は地元民が多いです

お店に到着すると、人数を聞かれて席に通されます。地下や2階にも席があってかなり大きいお店とのことですが、筆者たちは1階に通されました。日本人だとわかったのか片言の日本語で対応してくれました。お店の中は日本人はいなさそう。ほとんど地元の人という感じです。

日本語のメニューもあります

席に着くとメニューを渡されます。まずはここから料理を選ぶようです。日本語も書かれていました。もちろん、魯肉飯(32TWD:約112円)を人数分注文。そして人気だというマンゴージュース(95TWD:約335円)も注文します!

おかずはビュッフェ形式

「おかずはあっちで好きなのを注文して」と言われて見てみると、ビュッフェ方式でおかずを選ぶようになっているようです。

ずらっと並んだおかずたち 何を食べようか迷っちゃいます わからなければ指差しで注文を

ズラ〜〜っとおかずが並んでます。メニューは何も書いていませんが、指差して選べばすぐに一皿ぶんすくってくれます。わからなくても片言の英語や日本語で説明してくれました。どれも美味しそうでついついいっぱい選んでしまいそう…。

こんなに食べても一人800円!!

いっぱい選んでしまいました!

こちらが筆者たちが選んだ料理!なぜか似たような料理ばかり選んでしまって少し失敗しました(笑)大人数で行くなら、たくさんのメニューからかぶらないように選んで、たくさんの料理を味わってみてくださいね。

魯肉飯は台湾のソウルフードのひとつ

今回の主役は何と言っても魯肉飯です!お店の冠になっているほどですから。小さめのお茶碗に盛られたホカホカの白いご飯に、しっかり煮込まれた豚バラ肉が乗っかっていますよ。

甘辛い豚肉がほろっとしてておいしい!

早速食べてみると、甘辛く煮込んだ豚肉はほろほろ。そして八角が台湾の味を引き立てます。う〜〜ん、美味しい!あっという間にペロッと食べてしまいました。

マンゴージュースはフレッシュ 大きさもたっぷり

そして、台湾といえばマンゴージュース。こちらは生のマンゴーをその場でミキサーにかけて作ってくれるのでフレッシュなんです。しかもサイズは大きくてカップすれすれまで入っています。こちらもうなるほどの美味しさでした。

これだけ食べても一人800円台!

これだけ食べたらさぞかし高くつくだろうと思ったら、なんと一人800円台!お腹いっぱい食べたおかずたちは、1品25(約89円)〜55TWD(約195円)と言う安さだったのです。一番高かったのは実はマンゴージュースでした(笑)地元民ばかりというのは、美味しい証拠なので、リーズナブルで良いお店を発見した感じです。

台北のローカルなグルメを味わって

地元民に人気の味を味わって!

台湾人ばかりでちょっと入りにくい雰囲気もある「丸林魯肉飯」ですが、勇気を出して入ってみてください!そこにはおいしい魯肉飯と台湾ご飯が待っていますよ。土日の夜は混み合うようなので、並ぶことも覚悟の上でゆっくりどうぞ。
丸林魯肉飯
住所:台北市民族東路32號
電話番号:(02)2597-7971
営業時間:10:30~21:00

[All Photos by Kaori Simon]
Do not use images without permission.
行列ができる地元民に人気のローカル店「丸林魯肉飯(ワンリンルーロウファン)」を現地ルポ【台湾】

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき