ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

クルクルっとラップをカット、そして食器に貼り付け…激しいデッドヒートに会場も熱くなった「クレハカット選手権」

「クルッ♪クルッ♪クレラップぅ~クルクルクルクルクルクルクルクルクルクルクルクルクレラップぅ~♪」
文字数をごまかしているのではありません(笑)。コマーシャルで流れるのを、みなさんは一度でも聞いたことがあるのではないでしょうか。そう、クレラップのCMでございます。お姉ちゃんのクルリちゃん、妹のクルミちゃんという、まあ可愛らしくておしゃまな2人が登場するこのCM。実はこのCMに今回ご覧いただくイベントレポートのテーマが隠されています!

といっても、もちろん「クレラップ」自体なんですけどね(笑)。CMではクレラップをいとも簡単に引き出してカット、という構図が流れますが、実はなかなかこれは優れモノ。類似品のラップではなかなかこうはいかない素晴らしい工夫が満載なんです。

クレラップが生まれて59年。ちょうどよい大きさに引き出しやすくする工夫、そしてその大きさに切れやすくする工夫、箱からラップのロールが出にくくなる工夫、さらには箱を手で持っても滑りにくくする工夫など、おそらくその説明を全部読むと、きっとみなさん“えっ、こんなに一杯工夫されているの?”と驚かれることでしょう。

そしてそのクレラップを使用した楽しいイベント「第2回 NEWクレラップ クレハカット選手権」の決勝大会が、19日に東京・丸の内にておこなわれました。「クレハカット」とは、「NEWクレラップ」に盛り込まれている機能の一つでラップをV字型の歯でスパッと気持ちよく切れる工夫を施したもの。このクレハカットにより30秒という時間内で何個の食器に対してラップを掛けられるかを競う大会こそが「クレハカット選手権」なのであります。今回はこの大盛り上がりのイベントの模様をお送りします!

■全国から「クレハカット」の精鋭が集結

この大会は昨年より開催、今回で2回目の実施となりました。今年8月、9月により東京、仙台、名古屋、大阪、そして福岡と全国五大都市でそれぞれ前半、後半の地区予選をおこない、それぞれの優勝者、準優勝者を決定。そしてその代表がこの日集結し、ラップを掛けた個数を競ったのであります。

まず司会者の合図で各地区の代表がステージに呼び込まれます。一人呼び込まれる度に、その人が希望される入場曲とともに代表者がステージに登壇。その楽曲も浜崎あゆみにWANIMA、サザンオールスターズ、欅坂46、DA PUMP、TOKIOからアニメ『聖闘士星矢』の主題歌なんてのも登場と、バラエティに富んだ選曲。そして最も遠い福岡からは、この日残念ながら男性一人・まさるさんだけが登場。しかしX Japanの「紅(くれない)」でステージに登場と、なかなか気合いの入ったところを見せてくれ、トーナメントでは準決勝まで進出と大健闘を見せました。

このゲームは、ステージ上に4列に並んだテーブルに対して同じ大きさの食器を等間隔で並べ、2人で対戦。一人2列を受け持ち32個の並べられた食器に、30秒以内でどれだけラップを掛けられるかを競うもの。地区予選の結果を見ると、優勝/準優勝というと平均で20枚以上のラップを食器に並べた方がその栄冠を勝ち取っています。

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき