ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

京都・知恩院 秋のライトアップ2019 浄土系フェスやプチお寺体験、SNSフォトコンも

京都の浄土宗総本山「知恩院」で、約80名もの僧侶が参加する「知恩院 秋のライトアップ2019」が開催される。2019年11月1日から12月1日まで。
知恩院① 今回、「お坊さんに会いに行こう!」を合言葉に、さまざまなイベントが期間中に行われる。
まず、2020年春に落慶を迎える国宝「御影堂」、日本最大級の木造二重門である国宝「三門」、宮崎友禅ゆかりの庭園「友禅苑」などがライトアップ。
ライトアップ_三門
特に、「三門」では、柱に「南無阿弥陀仏」の文字をプロジェクションロゴライトで投影するほか、階段には和傘を置いてライトアップする。
方丈庭園ライトアップ
さらに、「方丈庭園」(京都市指定名勝)を9年ぶりに夜間特別公開し、夜間限定のお茶席も設けられる(11/23~12/1)
また、過去最多となる40名のお坊さんが登場する、「南無&ピースな浄土系フェス」も注目だ。
知恩人③
知恩院のお坊さんバンド「ぽくぽくすまいる」、「廻天坊主」(浄土宗・天台宗僧侶)によるブレイクダンスなどの「坊主・オン・ステージ」が開催されるほか、ギターや三味線・二胡、紙芝居などを使った「変わりダネ法話」披露もある。
ぽくすま
「聞いてみよう!お坊さんのはなし」では、気さくなお坊さんたちの温かい出迎えを受けてお話を聞いた後、木魚に触れて「南無阿弥陀仏」とお称えするプチお寺体験ができる。お坊さんの話を聞いたことがない人にもおすすめ。話の内容は「他力本願~おかげさまの心~」「諸行無常~すべてはうつりゆく~」など。
お坊さんのはなし
さらに、Instagramで「ナムい!フォトコンテスト」も開催。知恩院公式アカウントをフォローした後、秋のライトアップ2019で撮影した写真に「#知恩院ナムい」のタグを付けで投稿するだけで応募できる。入賞者は12月中旬に知恩院ホームページで発表される。
女坂_ライトアップ
知恩院では近年、SNS全盛時代に合わせ、夜を徹して参加者が一斉に木魚念仏を唱える「ミッドナイト念仏in御忌」、お坊さんの顔が見えるイベント、SNS風顔出しパネルの設置、「ナムい」がSNSで話題のお坊さんが登場するPR動画など、従来のお寺の枠を超えた新たな取り組みを次々と行っている。
特に、ミッドナイト念仏はSNSでの呼びかけで若者や外国人の参加者も多いとのこと。秋の京都、観光ついでにぜひ知恩院へ立ち寄ってほしい。
知恩院 秋のライトアップ2019https://www.chion-in.or.jp/special/lightup_aut/知恩院公式アカウント(Instagram)https://www.instagram.com/chion_in/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【波乱の幕開け】出雲駅伝から見る今シーズンの大学駅伝
リアル地球防衛軍?フロリダの街がカニの大群に占拠される
【プロ野球の盲点】クビになったプロ野球選手たちが再起を掛けて挑む 「12球団合同トライアウト」いつから始まった?

京都・知恩院 秋のライトアップ2019 浄土系フェスやプチお寺体験、SNSフォトコンも
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき