ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

少年の葛藤と願望、そして成長をアーケードゲームを通して描く異色のADV『198X』

時は198X年。寂れた郊外で暮らすティーンエイジャーの「キッド」は、家族の悩み事などから憂鬱な日々を送っていた。
198X_01

今の生活からすぐにでも抜け出したい。そんな思いを募らせながら夜道を歩いていた彼は、地元にある一軒のゲームセンターを発見する。中に入ると、そこには色取りどりのゲームが動く筐体が並んでいた。
198X_02

試しにコインを入れたその先に待っていたのは、見たこともない宇宙空間で戦闘機を操縦し、異星人の軍勢と戦う光景。このアーケードゲームとの出会いを機に、彼の日々はゲームとシンクロした不思議なものへと変わる。

そして彼もまた、様々な葛藤を経験しながら成長していく。
198X_03

『198X』は、スウェーデンはストックホルムに拠点を置くインディーゲームスタジオ「Hi-Bit Studios」制作によるアドベンチャーゲーム。クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて2018年に立案されたプロジェクトを機に誕生したゲームで、2019年6月20日にPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」のほか、海外限定でPlayStation 4でリリースされた。

今後、Xbox One、Nintendo Switchでの配信も予定されている。

様々なゲームを通し、ストーリーを追うアドベンチャーゲーム

アドベンチャーゲームと記したが、いわゆる会話を読み進め、選択肢を選んだりしながら遊ぶタイプのものではない。ムービーデモと共に描かれるストーリーを追いながら、合間に挟まれる様々なゲームを遊ぶ、一本道構成のオムニバス式ゲームとなっている。またの表現で「ゲーム in ゲーム」。某課長の挑戦に挑むゲームを遊んだ経験のある人なら、大体どんな作りか想像が付くかもしれない。

ただ、根っ子はアドベンチャーゲームということで、いずれのゲームもストーリー上の演出という位置づけ。単体で遊べるボリュームも無ければ、エンディングも用意されていない、割り切った作りになっている。

そんな本編で遊ぶことになるゲームは全部で五種類。
以下、簡単にその概略と特徴を紹介する。

BEATING HEART
198X_04

ベルトスクロール方式のアクションゲーム。手前、中央、奥の軸の概念が設けられた横スクロールのステージを進み、襲い来るアウトロー達をパンチ、キックなどの格闘攻撃で撃退していくという内容。最後に登場するボスを倒せば、”一応は”ステージクリアという設定。(どういう意味で”一応”なのかは、実際にプレイしてみてのお楽しみ。)

OUT OF THE VOID
198X_05

横スクロールのシューティングゲーム。自機を操縦し、前方と後方より迫る異星人の軍勢をショット攻撃で撃墜しながら、ステージ最後に待ち受けるボスの撃破を目指す。ダメージ制が採用されていて、三回被弾するとミス。また、ショットボタン長押しでエネルギーチャージ。画面上部の専用ゲージが満タンになった時に離すと「チャージショット」を放てる。なお、この関係で、ショットボタン長押しによる自動連射機能はない。連射したい場合は、某名人のように魂を叩きこむ気持ちでボタンを連打しよう。

THE RUNAWAY
198X_06

疑似3Dで表現されたコースを疾走するレースゲーム。通行車を追い越し、避けたりしながら、画面上部に表示された制限時間以内の「チェックポイント」到達を繰り返し、その先にあるゴールを目指す。時間切れになるとゲームオーバー。

SHADOW PLAY
198X_07

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき