ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ソニーの手回しラジオに人気が集まっている理由

ソニーの手回しラジオに人気が集まっている理由

台風による大規模な停電が相次いで発生しています。停電時はスマホはもちろんのこと、ラジオの電池切れの脅威にさらされることになります。そんな時に頼りになるのが「手回しラジオ」です。そんな中、常に在庫切れが続いて人気なのが、ソニーの手回しラジオ。その人気の理由を見ていきます。

ソニーは手回しラジオ老舗メーカー

東日本大震災以降、ラジオに付いたハンドルを回して発電、内蔵バッテリーを充電して使う「手回しラジオ」が、多種多様なメーカーから発売されています。その中でも人気が高いのがソニーの手回しラジオです。

それもそのはず、ソニーは1997年から手回しラジオを作り続けてきた老舗メーカー。そんなソニーの伝統ある手回しラジオの現行モデルが「ICF-B09」です。ソニーストア価格は税別8,250円です。

ICF-B09は前モデルの「ICF-B08」をワイドFM対応にしたモデルで、上位機種には「ICF-B99」があります。ICF-B99はICF-B09ではソフトライトとなっているボディ上面に、ソーラーパネルを備えて充電力をより高めた仕様。ICF-B99の価格は税別9,250円となっています。

ソニーは手回しラジオの開発に20年

ソニーは手回しラジオの開発に20年の実績を持つメーカー。充電用ハンドルの握りやすさや、回転時のトルク感などに一日の長があります。ソニーの手回しラジオには、他メーカーにマネのできないノウハウが詰まっているというわけ。その発電能力は1分間回してFMラジオ放送が50分聞けるというものです。

ソニーの手回しラジオICF-B09の受信周波数は530~1710kHz(AMラジオ放送)、76.0~108.0MHz(FMラジオ放送)。スピーカー外径/出力は36㎜/90mWです。FMスピーカー作動時間は80時間(乾電池使用時)で、電源は内蔵充電池、単3形乾電池×2本となっています。サイズ/重さは132W×77H×58D㎜/376gです。

なお、ソニーストアのWebサイトでは、手回しラジオはどれも「入荷次第出荷」という状態。ソニーの手回しラジオの人気の高さがうかがえます。

関連記事リンク(外部サイト)

ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき