ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」

3つ目の理由としては、有利な場所であるということです。
これも快適な場所と同様重要視しています。
自分に有利な場所で過ごすという視点は今後とても重要になってくるのではないでしょうか。
私は日本が大好きです。できることならば、日本で骨を埋めたいと思っています。
しかし、「日本」と「自分・家族」のどちらが大切かと言えば、間違いなく「自分・家族」です。
今の時代、日本が破綻する可能性もゼロではありません。
破綻までしなかったとしても、我々世代は十分な年金ももらえない可能性が非常に高いこと、また、経営者のはしくれとしては、日本よりも税制面で有利な国があることは知っています。

今後世界はどんどん国境的な概念がなくなりボーダレス世界になっていくでしょう。
そうなると、世界中の人たちが国を選ぶ時代がくると思うのです。
多くの人から日本が選ばれる国になってほしいと心から思います。
しかし、今の政治を見ているとその望みも薄いと感じるのが現実です。

今回のハワイは我々にとって何が有利でしょうか。
それは円高です。ご飯を食べに行って家族で30ドルだったとします。5年前1ドル=120円の時代であれば、3,600円です。それが、今は1ドル=80円ですので、2,400円です。その差はなんと1,200円。
この円高は海外で生活するにおいては、非常に有利な点であることは間違いありません。

いつでもどこでも家族で自由に動ける状態を作っておくことで、その時々の我が家にとって有利である場所に移り住んでいく。そういう自己防衛手段を確立させることを目標にしています。

準備って大変じゃないの?

家族で海外ノマドライフするのって準備が大変だというイメージがあるのではないでしょうか。
実は今回のハワイにおいては、まったく大変さはありませんでした。

それは、昨年、国内のニセコで1ヶ月の家族ノマドライフを経験したこと、そして、海外滞在においては、昨年、今年とサンフランシスコ、マレーシアにそれぞれ2週間滞在したことがその理由です。
たしかに、初めに実践するときは大変です。書籍を自炊したり、スカイプ活用の準備を整えたり、仕事の手立てを考えたりetc…(ご興味ある方はニセコの記事をご覧ください。)
ただし、これらは一度準備をしてしまうとノウハウがたまりますので、2度目は非常に楽になり、普通に旅行をする程度の手間になるのです。

今回、新たに準備したこととしては、小学生の息子のスカイプを活用した家庭教師があります。
昨年のニセコが非常によい体験になりましたので、今後もこうしたライフスタイルを続けていきたいということが家族全員一致しました。
これを今後も続けていくには、何が問題になってくるかそのときに考えました。

一番に頭に浮かんだのが息子の教育です。そろそろ塾通いも意識する年齢になり、もし実際に通いだすとなると、このライフスタイルを継続することは難しくなります。
そこで、ニセコから帰ってきて、すぐに、以前「これまじ!」にも出演いただいた学習塾を経営する前田寛文さん*2 にスカイプでの家庭教師をしてもらえないか打診しました。

*2:「ハーバード白熱教室」2011年05月17日『これ買ってまじ良かったよ!』
http://koremaji.com/2011/05/harvard_hakunetsu/

どこででも学習できる環境を作ろうとしたのです。
もともと、iPadなどを活用して先進的な取組をしている塾でしたので、「ぜひやってみましょう!」とスタート。

この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」

当初は本当にできるのかなと心配してましたが、実際に始まってみると何ら問題なく行うことができ、息子も楽しみながら取り組んでいます。

ドロップボックスで宿題が送られてきて、それをプリントアウトして回答。そして、それをiPhoneで撮影して、ドロップボックスにアップ。そして授業中に新しく問題を出される時もドロップボックスにアップされて、それを息子がiPadで見て解く。
この一連の流れを今では息子一人で行っています。

実際のハワイでの生活はどんな感じ?

家族ノマドライフをするときに私が意識していることは、家族と過ごす時間を十分に取るということです。
普段日本で働いているときは、朝早くから夜遅くまで働くことが多く、なかなか家族の時間を十分にとることができません。
そのまま惰性で生活をしていると、あっという間に子どもが成長し、もっと子どもと、そして家族と接する時間を取っておけば良かったという後悔の言葉はよく聞くものです。
ですので、私にとって家族ノマドライフをしているときは、家族との時間を取り戻す大切な時間でもあるのです。

また、もう1つ意識していることは、家族ノマドライフ中は仕事とそれ以外の時間のメリハリをつけ、訪れた先での生活を楽しむということです。
日本人の悪い癖として、働き過ぎるということがあります。かと言って欧米人のように長期間リゾート地でのんびり過ごすということは罪の意識があります(笑)
私は日本人にとってぴったりなのは「リゾートオフィス」ではないかと思うのです。
リゾート地で仕事をしながら、長期間過ごし、仕事もレジャーもどちらも楽しむスタイルです。
私のハワイでの基本的な生活パターンは次のとおりです。

AM5:00 起床
AM5:00~AM9:30 仕事(日本時間AM0:00~AM4:30)
AM9:30~PM7:00 家族との時間
PM7:00~PM10:30 仕事(日本時間PM2:00~PM5:30)
PM11:00 就寝

この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」 この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」
前のページ 1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき