ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

日本をよく知らないナンシーが作った和風ホラーゲーム『怖い人形が出る kowai』それは怖くないです。

shiranancy_01

とある古びた日本家屋。「ハナ」、「アン」、「シュウ」、「カゲ」の四人が肝臓検査に訪れた。すると間もなく玄関が閉まり、外に出られなくなってしまった。脱出するため、四人は中を探索するが、ハナ以外の三人が姿を消してしまう。消えた仲間達を見つけ、真相を突き止めるべく、ハナはただ一人、家屋内を奔走する。
果たして、その先に何が待つのか。
shiranancy_02

『怖い人形が出る kowai』は、アメリカはカリフォルニア州在住の女性で個人ゲーム作者「ナンシー」氏がたった一人で作った和風探索ホラーアドベンチャーゲーム。PC(Windows)用フリーゲームとして、20XX年は○月×日に公開された。海外で作られたゲームだが、言語は日本語のみで英語非対応。ダウンロードも日本国内のフリーゲーム配信サイト「ふりーむ!」より行えるが、「itch.io」や「Steam」ではできないし、ページも存在しない。

正しくは『日本をよく知らないナンシーが作った和風ホラーゲーム』

……というのは全部、本作の内部設定である。
「ふりーむ!」よりダウンロードできるのを除いて。
shiranancy_03

正式名称は『日本をよく知らないナンシーが作った和風ホラーゲーム』。2019年6月28日にPC(Windows)用フリーゲームとして公開された作品だ。その名が現す通り、「ナンシー」という架空のアメリカ人女性が『RPGツクールMV』で作ったゲームを遊ぶという内容である。いわゆる、ゲーム内ゲームというヤツだ。略して「知らナンシー」。サムいとか言うんじゃない!zipファイルにそう書かれているんだよ!

とにもかくにも、基本的な内容の紹介である。
古びた日本家屋を探索して脱出するゲームである。以上。

「それだけかよ!」と言われても、本当にそうなんだから仕方がないっつーの!
「ハナ」と呼ばれるセーラー服を着た女性を操作し、閉じ込められた日本家屋から脱出するための手がかりを探っていく。だが、ストーリーが進むと同時に、彼女と共に家屋内へ肝臓検査にやってきた三人がいなくなってしまう。
shiranancy_04

そして現れる、謎の怖い人形。以降は彼の者の妨害を潜り抜けながら、いなくなった三人を探し出す目標も加わり、入り組んだ展開を見せていく。このような構成で本編は進む。

ご覧の通りの”単純明快”の一言に尽きる探索アドベンチャーゲームだ。

そんな本作の真髄にして魅力は、日本をよく知らないナンシーが作ったこと。
つまるところ、KANCHIGAI JAPANのオンパレードである。

THIS IS NOT HORROR.

冒頭のストーリー紹介、ハナ達の目的からして、こうツッコミたくなったと思われる。
「なんで日本家屋へ肝臓検査にやってきたんだ。それやるのは病院だろう。」
shiranancy_05

大体ご推察の通り、正しくは”肝試し”である。ナンシーは「肝試し=肝臓検査」と認識してしまっているため、作中ではその言葉で表現されてしまっているのだ。”肝”しかヒットしておらんがな!

さらに途中からハナ達を襲う敵として現れる「怖い人形」。
彼の者は次の一言を発しながら襲いかかってくる。
shiranancy_06

「祝ってやる。」

「何かプレゼントしてくれるの?お金くれるの?うれぴー!」とか思うかもしれないが、正しくは”呪ってやる”である。部首が違うやんけ!というか、怖さが消えとるがな!だけど、ナンシーにはそんなの分かるはずがない!日本をよく知らないんだ!漢字が分からないんだ!仕方がないんだ!というか、そもそも怖い人形が祝ったりせんだろ!彼の者がいかに危険な存在かは『デイドリームリバー』でも証明済みだろう!

勢いで別ゲームの微妙すぎるネタバレをしてしまったが、それはさておき。そのような具合に突っ込まざるを得ない部分が多々あり、ホラーゲームを謳っているのに、実の所はコメディーゲームも同然な(いい意味で)大変残念なことになってしまっている。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき