体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「キミはこの世に向いてないと思うよ」に驚愕!の巻/神谷町オープンテラス店長 木原健さん(1/3)

「キミはこの世に向いてないと思うよ」に驚愕!の巻/神谷町オープンテラス店長 木原健さん(1/3)

東京・光明寺の「神谷町オープンテラス」(以下「テラス」)は、2005年に彼岸寺の松本圭介や青江覚峰が立ち上げて以来、「お寺カフェ」としてテレビや雑誌で何度も取りあげられ「若いお坊さんたちの新しい動き」のシンボル的な存在です。木原健さんは、この「テラス」で”店長”をするうちにお坊さんになってしまった人。いわば、「お寺カフェ」から出家された方なのです。

インタビューは、「テラス」のソファで、都心のお寺の境内に吹く風が木をわたるさざめきのような音、そして鳥たちの声をBGMにして、リラックスした時間のなかで行いました。

お坊さん、人生相談にまさかのコメント!?
木原さんは「普通のサラリーマン家庭」に生まれ、仏教とは特にご縁なく育ちました。ところがある時、思いもしないかたちで”仏縁”がヒョイと木原さんのところにやってきました。学生時代の友人、彼岸寺の松本圭介の突然の出家です。「たまたま友達がお坊さんになってしまった」ということが、意外なかたちで木原さんとお寺のご縁を結ぶことになったのです。

――木原さんは、どんなふうにして光明寺とかかわるようになったんですか?

大学卒業後しばらくした頃、松本のところへ人生相談に行ったのがはじまりでした。

――差し支えなければ、どんなことを相談したのか教えていただいても?
いいですよ。「どうやって生きていこうか。こんなに仕事もないし」と。悩んでいるうちに「お坊さんになった松本っていうやつがいたなあ」と思い出したんですね。お坊さんに話を聴いてもらいたいし、仕事のことも相談に乗ってほしくてここへ来たんですね。

――それはいつ頃のお話ですか?
2003年の夏、まだ松本がお坊さんになったばかりの頃でした。私は、公務員試験の勉強をしていたのですがなかなか芽が出なくて。思うところはあるけれどこの先どうしたらいいのかわからないという感じでいました。

――木原さんのご相談に、松本さんはなんと答えられたのでしょうか。

そうですね。今でも覚えていますけども「キミは、この世に向いていないと思うよ」と言いました。

――えっ…? そう言われて、木原さんはどう思われたんですか?
「ひ、ひどいなあ。なんだよ、せっかくここまで来たのに。ひどいじゃないか」と(笑)。

――切々と人生の悩みを打ち明けたら「この世に向いていないと思うよ」と(笑)。
ええ……。まあ、その後、いろいろと仕事上のアドバイスはくれましたけども。そのときはウェブデザインの仕事のことを考えていたので、学生時代はウェブデザイナーでもあった松本に話を聞きに行ったんですね。でも、何よりも強烈に覚えていますのは「この世に向いていない」という話ですね。

――「この世に向いていない」ってどういう意味だったのでしょう。
どういう意味でしょうね。その意味を今でもかなり、考えながら日々生きているんですけども、私は。おそらく、一般的な勤め人に向いていないんじゃないかということを……と解釈したいんですけども。当時の自分を振り返れば、世間離れしていたという意味です。おそらく。

神谷町オープンテラスに置かれていた「おぼうさん、はじめました。」

――松本さんは、たまにすごいことをおっしゃいますよね。私も先日「杉本さんも得度しちゃいなよ」って言われました(笑)。
あははは。「なにこの飛躍は!」と思いますけれども、彼のなかでは筋が通っているんですよね。

――はい(笑)。話を戻しますと、それで旧交が温められるとともに光明寺とのかかわりがはじまったんですね。
ええ。当時、松本は境内にある建物に住んでいたので、どちらかと言うと「お寺に行く」より「松本の部屋に行く」という感じで光明寺へ来たのですが、話が一段落すると松本がやおら立ちあがったんですね。どこへ行くのかな? とついて行くとこの本堂でした。

私はふつうのサラリーマン家庭で育ち、仏教とのご縁は特にありませんでした。19歳で母を亡くしたときにお葬式を経験していましたが、仏教とのご縁にはそのときは恵まれなかった。目の前のことがうまく受け入れられなくて、お経もお話も耳には入りませんでした。来てくれたお坊さんのことも印象がないんです。ふだんのおつきあいがないからしょうがないのかなという感じですけども……。だからかな、あまり仏教に対してもいいイメージはなかったんですよね。

ところが、友人が僧侶になったので会いに行ったらそんなことを言われ、「ええー?」と思いながらも本堂について行って、松本が讃仏偈をあげるのを聴いたんですね。はじめて聴くお経でしたが、なんだかしみいるようで。「意外に、お寺って悪くないのかなあ」と思いながら本堂で座っていました。それが光明寺での原体験、といったことでありましたね。

前代未聞の”お寺カフェ”店長にオファーされる
松本圭介さんの「おぼうさん、はじめました」には、松本さんがお坊さんになった頃の光明寺のようすが生き生きと描写されています。木原さんは、「テラス」に置いてあるサンプルを手に取り、「ほら、ここにもありますように」と愛おしむように当時のことを話してくれました。

ちなみに松本さんは、木原さんのことをこんなふうに書かれています。「決してわざと人を笑わせようとかしているわけではないのだが、天使は自然と周りの人を笑顔にさせる力を持っているらしい。お寺に天使というのもへんだけれど、どうも他にうまい形容詞が見つからない」。

神谷町オープンテラスのメニュー

――「テラス」の店長にというお話はどんなふうに?
その後は、ちょくちょく「誰そ彼」(光明寺で開催される音楽イベント)にお客さんとして遊びに来るようになり、「なんか面白いなあ」と思っていました。彼の「テラス」構想は、2005年の1月か2月頃から始まって、話は聞いていたのですが、ある日企画書を見せられて「木原くん、よかったら店長をやってくれませんか」とオファーを受けました。

――最初から、店長としてここに参加するようになったんですね。
そうです。はじめた頃は、週5日でやっていて、頼まれれば全席に無料でお茶をお出ししていました。私は時間だけはあったから毎日お寺に来ていました。しばらくはほとんどがらがらで、「お客さん、ほんとに来るのかな」なんて話してみんなで笑ってました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。