「何をしゃべれるかが知性で、何をしゃべらないかが品性」 スピードワゴン小沢の発言に注目あつまる

access_time create folderエンタメ
「何をしゃべれるかが知性で、何をしゃべらないかが品性」 スピードワゴン小沢の発言に注目あつまる

 お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬さんが、10月13日に出演した「ワイドナショー」(フジテレビ系列)で名言を披露。その言葉が、視聴者によってSNSでも紹介され、大注目されています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 小沢さんは、これまでも何回か「ワイドナショー」に出演していましたが、なぜかすべってしまうことが多く、この日の放送も最初の発言からすべり、ダウンタウンの松本人志さんから「正式にすべったな!」と突っ込まれていました。

 そんな小沢さんでしたが、この日は少し違っていました。藤田菜七子騎手がJRA女性初の重賞制覇した話題の時、「女性初とか、言う時代が僕はちょっと……。いちいち言わないであげて、一人の藤田さんというジョッキーの凄さを(取り上げてほしい)」と訴えると、安藤さんは「すごい素敵な発言されるんですね!」と驚いていました。

 そして、JALがWEBサイトで座席指定をする際、赤ちゃんがいる座席を表示する「幼児マーク」を導入したという話題になった時、子供に関しては何とも思わないと話した小沢さんは、自身が好きな名言を紹介。

 それが「子供叱るな来た道だ。老人笑うな行く道だ」。小沢さんは「みんな実際、子供時代は泣いてきた」と話し、そんな子供より、いびきがうるさかったり、加齢臭が酷かったりする同世代の人を教えてほしいと語りました。この名言は、浄土教篤信者の言葉とされ、本来の言い回しとつづきもあわせて紹介すると「子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの、来た道行く道二人旅。これから通る今日の道。通り直しのできぬ道」という内容になっています。

 続いて、JR新宿駅で人身事故が発生し、駅員さんがブルーシートで事故現場を覆い救出活動を行った際、乗客がブルーシートの内側にスマホを差し込み撮影。駅員さんが「スマホでの撮影はご遠慮ください」と異例のアナウンスをしたというニュースの時、小沢さんは「何をしゃべれるかが知性で、何をしゃべらないかが品性」とコメント。すると、安藤さんは「なるほど」と大きくその言葉に納得していました。

 最近は、カメラ付き携帯やスマホが普及し、SNSなどで発信できるようになったことで、誰もが「プチ報道カメラマン」になれる時代になっています。しかし、簡単に発信できる時代だからこそ、発信する側にモラルが必要なのではないでしょうか?筆者も数年前、乗っていた電車が脱線し、電車から線路に降りなければいけないことがありました。そんな時に、周りにいた野次馬たちが、筆者を含め電車から降りる人たちを「カシャカシャ」と携帯のカメラで撮っていましたが、あれは気分の良いものではありませんでした……。

 最後の名言は、女子高生を中心に、若い世代の子たちは、みんなダウンロードしているという、自身の居場所を知らせ合う人気アプリのニュースが取り上げられ時に語られた言葉。

 彼氏が今どこにいて何をやっているか?を全部知りたいかという話題になった際、「想像してる時間の事を恋って呼ぶんだよ」と、サラリと恋の名言を披露。思わず、「甘~い!」と言いそうになってしまいそうな名言でも、スタジオを沸かせることに。今回は?絶好調だった小沢さん、次回の出演にも期待したいですね。

<出典・引用>
フジテレビ「ワイドナショー」(10月13日放送)
※画像は番組HPのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)

関連記事リンク(外部サイト)

まさか兄さんブラしてる? 後輩に勘違いされた肋骨骨折
新たな顔ぶれで再演 乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」2019東京公演開幕
豪華キャストが集結した周防監督最新作「カツベン!」 ポスタービジュアルが解禁

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧