【ONE】青木やDJの対戦相手も所属、標高1400mのフィリピン奥地 チーム・ラカイが東南アジア最強になった理由

access_time create folderエンタメ

【ONE】青木やDJの対戦相手も所属、標高1400mのフィリピン奥地 チーム・ラカイが東南アジア最強になった理由
代表兼コーチのサンジャオ(中央)とチーム・ラカイの選手たち(Photo=ONE)

 10月13日(日)東京・両国国技館で行われる「ONE:Century」の第1部と第2部には、フィリピンの総合格闘技ジム「チーム・ラカイ」所属の選手4人が出場する。
 午前の第一部では、パンクラスフライ級世界王者・池田仙三(37=パラエストラ千葉)と対戦するリト・アディワン。さらにONEフライ級ワールドグランプリの決勝戦で、DJことデメトリアス・ジョンソン(米国)とダニー・キンガッドが戦う。
 午後からの第2部では、ONEバンタム級世界王者のビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)と実に4度目の対決を行い、王座奪還に挑むケビン・ベリンゴン。
 そして青木真也(36=イヴォルブMMA)と対決するホノリオ・バナリオだ。
霧がかった標高1400m 山間部にあるバギオ(c)Abema TV

 チームラカイはONE世界王者を5人輩出するという実力を誇る、フィリピンの名門格闘技ジム。そのセントラルジムは首都マニラから250km離れた奥地、標高1400mのバギオにある。
 雑誌「ファイト&ライフ」によると、中国武術・散打をベースとしてはじまったこのジムは、立ち上げ当初は寝技練習も自己流で行っていたという。それでも高い心肺機能やフィジカルで、地域の大会で勝ち上がっていった。
 やがてマニラに柔術が広がると、車で片道6時間以上かかる首都へ足しげく通い習得に努め始める。時にはYouTubeなどにアップされたMMAテクニック動画などから、最新技術を吸収した。
 さらに、貧困生活の中散打等の武術に励むことで奨学金を得ている学生たちも、チームメイトとして加わっていった。
 現在ではフィリピンの山間部にいながらにして、その団結力や厳しい規律も手伝い”東南アジア最強集団”の座を築き上げていった。
 そんな精鋭部隊をまとめるのは、39歳のマーク・サンジャオ代表だ。サンジャオはバギオ近郊にある大学で散打を教えてきた。武術の奨学金制度は彼の功績でもある。
青木と対戦するバナリオも、奨学金を得るためウーシュー(武術太極拳)に励んだという

 サンジャオは言う。「ただ人として強いだけの選手を製造するジムには興味が無い。奨学金も、たとえファイターになれなくても、大学を卒業しより良い就職先を見つけることが出来る。プロファイターの養成が目的でなく、人として豊かな生活を送れること」(ファイト&ライフ2018年10月号)その延長上にMMAファイターの育成があるという。
 チーム・ラカイの成功の理由には、何の秘密もないという。サンジャオは「コーチの仕事は楽じゃない。でも選手と信頼関係があるから、何をやるにしても、やりやすくなっていると思う。チームをまとめ上げて、ひとつにすること、それがキー」と”信頼”にあるという。
「自分はいつも、この試合が最後の試合だと思えと言っている。レースに残るためには勝ち続けなければいけないんだ」とハッパをかけるサンジャオ。「簡単なことではない。でも彼らの努力と決意で、フィリピンの人々に勝利を持ち帰ってくれると信じている」
 選手として、人間として豊かに強くなること。それがラカイ、引いてはこれからのフィリピンの発展のキーだとサンジャオやラカイの選手たちは信じている。
☆10.13 ONE両国大会(第1部)のイベント情報はこちら
☆10.13 ONE両国大会(第2部)のイベント情報はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【ONE】那須川天心、10.13両国大会の生中継に出演決定「飛び込んで掻き回したい」(動画あり)
【ONE】デメトリアス・ジョンソン「ストリートファイター」惨敗も実戦は「いつでも」
【ONE】松井珠理奈が10.13両国大会のサポーターに就任、8月にはマニラ大会を現地観戦も

access_time create folderエンタメ
local_offer
イーファイト

イーファイト

eFight【イーファイト】は格闘技ニュース速報、格闘技試合速報、コラム、動画からカラダ作りまで、武道や格闘技に関する情報を網羅しています。

ウェブサイト: https://efight.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧