インド空軍向けラファール 空軍創設記念日に1号機引き渡し

access_time create folderエンタメ
インド空軍向けラファール 空軍創設記念日に1号機引き渡し

 インド空軍が導入を決めた戦闘機、ラファールの1号機引き渡し式典がインド空軍創設記念日の2019年10月8日(現地時間)、フランスのボルドー=メリニャックでインド、フランス両国の防衛大臣らが出席して開催されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 インド空軍は新しく中型マルチロール機(MMRCA)として、36機のラファールを2016年に発注。現在インド空軍ではフランス製戦闘機としてミラージュ2000を運用しており、ラファール導入でフランスとの関係強化を図ります。


 ボルドー=メリニャックにあるダッソー・アビアシオンの事業所で開催された引き渡し式典では、インドからラージナート・シン国防大臣やラケシュ・クマール・シン・バーダウリア空軍参謀総長らが出席。フランスからはフロレンス・パルリ軍事大臣や、ダッソー・アビアシオンのエリック・トラピエCEOらが出席しました。



 式典でシン国防大臣は「インドでは今日10月9日はナヴラートリの祭典最終日、ダシャハラー(女神ドゥルガーが大悪魔マヒシャーを倒した日)に当たります。そしてインド空軍創設87周年の記念日でもあります。今日という日は、多くのことを記念する日となりました」と挨拶。ラファールに対し、良き門出を祈念するシャストラ・プージャの儀式も行っています。

 ラファールはインド政府が進める工業振興政策「メイク・イン・インディア」に基づき、インド中西部のナーグプルに新しく地元企業との合弁工場を建設し、生産も行われる予定。またインドの学術都市として知られるプネーには「ダッソー・スキル・アカデミー」が設立され、未来の技術者養成も行われます。

 引き渡し式典後、インドのシン国防大臣は隣接するフランス空軍第106ボルドー=メリニャック基地に移動。複座型のラファールBに乗り、飛行を経験しています。外国の閣僚がラファールに搭乗するのはこれが初めて。

 インド空軍のラファールは、まず18機が2021年2月までに納入される予定。36機全てが納入されるのは2022年の4月~5月を見込んでいます。

<出典・引用>
インド空軍 プレスリリース
フランス空軍 プレスリリース
ダッソー・アビアシオン プレスリリース
Image:Dassault Aviation

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

イギリス海軍の新鋭哨戒艦スペイと命名 スコッチウイスキーで祝福
ヴァージンの空中発射ロケット母機 イギリス空軍の戦闘機パイロットを採用
エアバス 20台のロボットが働く新しいA320自動生産ラインをハンブルクに開設

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧