ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Interview with black midi /ブラック・ミディ来日インタビュー

――そのWu-Luとも共作のあるジョー・アーモン・ジョーンズとか、エズラ・コレクティヴ周りのミュージシャンとも交流があったりするんですか。

モーガン「うん、ジョーもご近所さんだよ。いいよね」

マット「ちょうど何ヶ月か前に日本に来てたんだよね」

photography Yosuke Torii
text Junnosuke Amai
edit Ryoko Kuwahara


black midi
『Schlagenheim』

NOW ON SALE
(ROUGH TRADE RECORDS / BEAT RECORDS)
国内盤CD ¥2,400(+税)
ボーナストラック2曲追加収録 / 解説・歌詞対訳冊子封入

[ご購入はこちら]
BEATINK.COM:
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10269
amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B07RSXRWPS
tower records: https://tower.jp/item/4902874

black midi
ロンドン発、刺激的な音を鳴らす若き4人組。瞬く間に音楽好きたちの話題の的となった新鋭バンド、ブラック・ミディはジョーディ・グリープ(vo、 g)、キャメロン・ピクトン(b、vo)、マット・ケルヴィン(vo、g)とモーガン・シンプソン (ds)の4人で構成され、メンバー全員が19歳か20歳で、アデルやエイミー・ワインハウス、キン グ・クルールらを輩出した英名門校ブリット・スクールで出会ったという。ゲリラライブを敢行するなど精 力的にライブ活動を行い、常に変化するセットリストやその演奏力とオリジナリティ溢れる楽曲から、噂が 噂を呼び早くも完売ライブを連発。結成からわずか1年であることから未だに謎が多いが、今最もアツい新生バンドという評判を早々に確立した。デビューアルバム『Schlagenheim』をひっさげた初来日ツアーを敢行し、日本のファンを熱狂させた。

This interview is available in English

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき