ドラマ『DARK ダーク』- 終わることも始まることもできない。新感覚がすぎるストーリーの凄さに絶句、難解で巧妙なドイツ製ドラマ!

access_time create folderエンタメ
ドラマ『DARK ダーク』- 終わることも始まることもできない。新感覚がすぎるストーリーの凄さに絶句、難解で巧妙なドイツ製ドラマ!

終わることも始まることもできない。新感覚がすぎるストーリーの凄さに絶句、難解で巧妙なドイツ製ドラマ!

 ストレンジャーシングス見たさに加入したNetflixで、他になにも手につかなくなるくらいドハマリしたのがドイツ製の「DARK」。
 
 かつてこんなに難解で巧妙なドラマがあっただろうか。
 ここで言う「難解」とは、見る人の解釈を求めるような抽象的な難解さではなく、純粋に血縁関係・時間軸という現実的な難解さのこと。
 
 舞台は33年周期で人が失踪してしまう村。
 陰鬱な森があって、閉鎖的で、知られたくない過去も知られているような狭い地域社会で、家族内でも言えない秘密があるミステリーやサスペンスものが好きな方はマストだと思うのですが、それどころじゃない、そんな話しではない。とんでもない。
 
 登場人物の行動、なんでもない出来事ひとつとっても、それが現在・過去・未来のすべてに影響をもたらすため、集中力をとぎすまして、あるいは相関図を広げながら真剣に見なくてはいけない。もちろん相関図は、現在・過去・未来の3枚が必要。それぞれが巧妙に影響しあっているためとにかく難しいけれど、ネットに相関図も1話ずつの考察もたくさんあるので、1話ずつ整理して見ていけば大丈夫、安心。
 
 というのも、「あの過去が現在にこんな風に影響していたのか」…ではなくて、「この現在があの過去にこんな風に影響していたのか」ということがバンバン起こりうる。意味、わかりにくいですよね。でもほんとこれ。
 
 どうやったらこんなにとんでもないストーリーを考えられるのか、そもそもお話しの始まりがどこなのか一切想像がつかない。ドラマを見ていても、「まじか…」「ひえー、ここでこれが!」「…(絶句)」の連続。過去が現在をつくるのではなくて、未来があって過去があることも当然で、終わることも始まることもできずどこにもたどり着けないまま、圧倒されたままシーズン2が終わったところ。現在、シーズン3を待ちわびている。
 
 映像作品でしか表現しきれないだろうなという「これしかない100%感」が見ていてたまらない。全部がバツンとピースがはまっていく気持ちは鳥肌モノ。どうか次を最終シーズンにしないで『渡鬼』のようにずっと続いてほしい。『DARK ダーク』ロスが今からこわい。(成宮アイコ)
 
ドラマ『Dark ダーク』
製作年:2017年
製作国:ドイツ
Netflix配信日:2017年12月1日
現在シーズン2まで配信中
https://www.netflix.com/title/80100172


関連記事リンク(外部サイト)

売野機子 「ルポルタージュ‐追悼記事‐」(3) – 愛は生きがいになりえるか?
手島将彦 「なぜアーティストは壊れやすいのか?」- アーティストの実例をヒントに「壊れない生き方」にたどり着く
シェリー・ケーガン 「DEATH〜「死」とは何か」- 人は必ず死ぬ。だからこそどう生きるべきか

access_time create folderエンタメ
local_offer
Rooftop

Rooftop

LOFT PROJECT発、エンターテイメント・メディア Rooftop! 古今東西南北、ポップカルチャー最前線。"Rooftop"!古今東西南北、ポップカルチャー最前線。鮮度の高いニュースを毎日更新、キレとコクのあるインタビュー&コラム満載!

ウェブサイト: https://rooftop.cc/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧