ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

玉城ティナが激オシ!負の感情はノートに書きこめばOK

伝説的テレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミック、ドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、遊技機など幅広く展開され、確固たる人気を博してきた「地獄少女」がついに映画化。11月15日に全国公開される。

 

10月8日には東京の新宿バルト9で完成披露試写会が行われ、主演の玉城ティナ、共演の森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、そして白石晃士監督が参加した。

 

閻魔あい役の玉城は「ドンピシャ世代で小学生の時に漫画連載から読んでいました。そんな自分がまさか閻魔あいを演じるとは思わず、当時の自分に教えてあげたい」と抜擢に嬉しそう。オファーを受けて「驚きもあったけれど、原作ファンにも新しい映画版『地獄少女』として届けることができれば」とアピールした。

 

美保役の森は「本編を観て、ただただ玉城さんの閻魔あいに圧倒された」と舌を巻き、玉城が「閻魔あいはセリフが多い役ではないので目線と声の使い方に気をつけた。声もアニメを参考に、原作をリスペクトしながら新しい閻魔あいを作り上げようと思った」と熱弁すると、森は「共演シーンもほとんどなくて、現場でお話をされている姿を見たことがなかったので…お話されている~」と生・玉城に大興奮していた。

 

早苗役の大場は「普段のアイドル経験が活かされたのはほんの一瞬。あとは絶望に満ちているアイドルです」と役柄を紹介して「普段とは真逆すぎる役柄だったので、新しい感情が芽生えて逆にやりやすいキャラクターだった」と新境地開拓を報告。魔鬼役の藤田は主演特撮ドラマ『仮面ライダーアマゾン』にかけて「魔鬼も幼少期は仮面ライダーに憧れていたと思う。ヒーローに憧れながらも、間違った方向に行ってしまった人という意識で演じました」と役作りを報告し「銀髪で黒い服で爪も黒くて、非日常感を味わえた。素のままで演じたと言ったら相当ヤバイ奴と思われてしまうけれど、演じやすかった」としっくりきているようだった。

 

映画の内容にちなんで「イライラした気持ちを晴らす方法」を聞かれた玉城は「人には絶対に見せられない、負の感情を書き込んだノートがあります」と玉城版デスノートの存在を明かし「負の感情をわざわざ声に出したりせず、対自分との対話で収められるように書いています。書き始めたのは18歳の頃から。おススメですよ」とニコリ。白石監督から「すごい言葉で書かれているんですか?」と聞かれると「多少。ごくまれに」と微笑んでいた。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき