ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

世界でも類を見ない!まるでラピュタのような「友ヶ島」に音声AR美術館が誕生【和歌山県】


(C)あやみ

世界的にも珍しい“音の展示”を体験できる「美術館」


(C)あやみ

「友ヶ島第3砲台美術館」は、音声ARにより空間に配置された”音の展示”を楽しむことができる世界的にもレアな美術館。全11箇所にビーコンが設置されていて、スマートフォンなどで専用アプリを起動した状態で、展示室に入ると、鑑賞者の位置情報を把握し、音声が自動的に再生される仕組みになっています。

常設展の「サウンドスケール」は「和歌山児童合唱団」の美しい歌声で「和歌山のわらべ唄」を聞くことができます。


(C)友ヶ島第3砲台美術館

10月31日(日)までは、期間限定の特別展示「ヤミツク~くらやみのいきものに関する研究結果展~」も鑑賞できます。友ヶ島に存在したという架空の生物「ヤミツク」を調査・研究していた博士の記録を追体験できるんです。今回は、こちらの特別展示を鑑賞してきました。ちなみに時間があれば、アプリの画面を切り替えるだけで、常設展と特別展示の両方を楽しめますよ。

謎の生物の調査を追体験しながら第3砲台を巡る!?


(C)あやみ

専用アプリ(無料)を起動したスマホを片手に、第3砲台の中へ向かいます。


(C)友ヶ島第3砲台美術館

各弾薬庫の中は真っ暗! スマホのライトで先を照らしながら進んでいくと、博士の調査・研究に関するアートが置かれています。


(C)友ヶ島第3砲台美術館

スマホがビーコンに反応すると、音声ARがスタート。ヘッドホンで博士の独白を聞きながら、アートを鑑賞。すると、いつの間にか「ヤミツク」の物語にどっぷりと入り込んでいきました。


(C)あやみ

音声は博士の独白もですが、バックの音楽も臨場感たっぷりで迫力満点! 迫り来る“何か”を感じつつ、順番に弾薬庫の音声ARアートを巡っていきます。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき