世界でも類を見ない!まるでラピュタのような「友ヶ島」に音声AR美術館が誕生【和歌山県】

access_time create folder生活・趣味


(C)あやみ

世界的にも珍しい“音の展示”を体験できる「美術館」


(C)あやみ

「友ヶ島第3砲台美術館」は、音声ARにより空間に配置された”音の展示”を楽しむことができる世界的にもレアな美術館。全11箇所にビーコンが設置されていて、スマートフォンなどで専用アプリを起動した状態で、展示室に入ると、鑑賞者の位置情報を把握し、音声が自動的に再生される仕組みになっています。

常設展の「サウンドスケール」は「和歌山児童合唱団」の美しい歌声で「和歌山のわらべ唄」を聞くことができます。


(C)友ヶ島第3砲台美術館

10月31日(日)までは、期間限定の特別展示「ヤミツク~くらやみのいきものに関する研究結果展~」も鑑賞できます。友ヶ島に存在したという架空の生物「ヤミツク」を調査・研究していた博士の記録を追体験できるんです。今回は、こちらの特別展示を鑑賞してきました。ちなみに時間があれば、アプリの画面を切り替えるだけで、常設展と特別展示の両方を楽しめますよ。

謎の生物の調査を追体験しながら第3砲台を巡る!?


(C)あやみ

専用アプリ(無料)を起動したスマホを片手に、第3砲台の中へ向かいます。


(C)友ヶ島第3砲台美術館

各弾薬庫の中は真っ暗! スマホのライトで先を照らしながら進んでいくと、博士の調査・研究に関するアートが置かれています。


(C)友ヶ島第3砲台美術館

スマホがビーコンに反応すると、音声ARがスタート。ヘッドホンで博士の独白を聞きながら、アートを鑑賞。すると、いつの間にか「ヤミツク」の物語にどっぷりと入り込んでいきました。


(C)あやみ

音声は博士の独白もですが、バックの音楽も臨場感たっぷりで迫力満点! 迫り来る“何か”を感じつつ、順番に弾薬庫の音声ARアートを巡っていきます。

1 2 3次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧