【K-1 KRUSH】高梨knuckle美穂、目標は階級上げ女子トーナメントでのKANAとの一騎打ち

access_time create folderエンタメ

【K-1 KRUSH】高梨knuckle美穂、目標は階級上げ女子トーナメントでのKANAとの一騎打ち
Tシャツの意味は「あっ、ナックル(だ)」と気楽に反応してほしいという

 10月13日(日)東京・後楽園ホールで開催される『K-1 KRUSH FIGHT.106』で初防衛戦を行う、第2代K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級王者・高梨knuckle美穂(26=Y’ZD GYM)。
 高梨は昨年9月のKHAOSでプロデビュー。今年5月大会でC-ZUKAを3RKOで下し、プロ3戦目でK-1 KRUSH FIGHT女子アトム級王座に就いた。戦績は3戦3勝(2KO)で、今回が初防衛戦だ。
 昨年4月デビュー前に”プロ査定試合”として出場した韓国の『MAX FC』でも正規王者相手にダウンを2回奪い、KO寸前まで追い詰め勝利している。女子軽量級の中でも特に倒せるファイターの一人だ。

 挑戦者は、WPMF世界女子ピン級王者パヤーフォン・アユタヤファイトジム(16=タイ)。若年ながら戦績は73戦60勝(9KO)12敗1分と、試合経験では高梨を大きく上回っている。
リングの外では可愛らしい笑顔の高梨

 高橋は4年前にY’ZD GYMの門を叩いた。「小さい頃、お母さんが格闘技を見るのが好きで。大人になって私も始めてみようかなと、フィットネス感覚で」習い始めたという。「試合に出るつもりはなかったんですが、はまっちゃいました」と言う高梨。
「もちろん(ジムの外の)表ではやりませんよ」と”元ヤン”ではないときっぱり否定した後「バックボーンは、部活のバスケットや、陸上を少しやっていたくらいですかね」と言う。
 王座を獲って「ようやく母親も私が格闘技をやることを認めてくれました」のだと言う。「(キックを始めても)中途半端に終わると思っていて、心配していたようです。私自身、仕事などどうしようか悩んでいました」とキャリアが少ないだけに不安もあったという。現在は仕事をやめて、アルバイト生活。キックボクシングに懸ける。
knuckle美穂は止まらない

 今の目標は「とにかく強い相手とやりたい。KANA選手(第2代・第4代K-1 KRUSH FIGHT女子フライ級王者)が女子K-1フライ級トーナメントを望んでいるけれど、出れるなら出たい。(師匠の)シラー先生は大きくないので厳しいんじゃないと言うけれど、もっと身体を変えられると思うので。KANA選手もパンチがあるので、体感してみたい」と強い相手とやるなら、階級アップも辞さないつもりだ。高梨が王座防衛で、トーナメントが開催されれば、階級を超えたKRUSH王座同士の一騎打ちとなる。
 高梨のファイトスタイルは物怖じせずに前へ出続け、相手が倒れるまでパンチを叩き込み続ける徹底したブルファイター。「怖いと思ったことは一度も無いです。アドレナリンが出ているからですかね。もらったらやり返したい」と言う。
 そんなスタイルについて「止まりたくない。止まっちゃったら自分に負けたような気がして。相手の攻撃が嫌で止まるというのはしたくない。止めて、KOしてみろとも思いますね」と信条だとも言う。止まらない高梨は、13日、その勢いのまま初防衛を目指す。

関連記事リンク(外部サイト)

【K-1 KRUSH】挑戦者レオナに王者・西京佑馬「同じ相手に2回負けられない。必ずリベンジと防衛する」
【K-1 KRUSH】左右田泰臣が引退宣言、勝利した鈴木勇人「左右田さんの意志を受け継ぐ」(一夜明け)
【K-1 KRUSH】鈴木勇人が左右田泰臣を延長で退け初防衛=全試合結果

access_time create folderエンタメ
local_offer
イーファイト

イーファイト

eFight【イーファイト】は格闘技ニュース速報、格闘技試合速報、コラム、動画からカラダ作りまで、武道や格闘技に関する情報を網羅しています。

ウェブサイト: https://efight.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧