ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ハリケーン×ワニの恐怖を描く『クロール ―凶暴領域―』A・アジャ監督インタビュー 「ホラー映画が僕のDNAなんだと実感した」[ホラー通信]

『クロール ―凶暴領域―』アレクサンドル・アジャ監督インタビュー

『ハイテンション』や『ヒルズ・ハブ・アイズ』といったホラー映画を監督し、近年では『ホーンズ 容疑者と告白の角』『ルイの9番目の人生』といったジャンルミックスな傑作を手掛けたアレクサンドル・アジャ監督。ハリケーンによる浸水のさなか、ワニの群れに襲われる恐怖を描く最新作『クロール―凶暴領域―』(10/11公開)で、手に汗握るホラー映画に回帰した。

『クロール -凶暴領域-』

そんなアレクサンドル・アジャ監督のオフィシャルインタビューが到着。“ホラー映画が自分のDNA”という熱いコメントや、アジャ監督をして“超ヤバい”と言わしめる、パワフルな主人公を演じたカヤ・スコデラリオの裏話も必読だ。

鑑賞前に観客がすべき心づもりも語ってくれているので、映画を観る前にぜひどうぞ。

アレクサンドル・アジャ監督インタビュー

『クロール -凶暴領域-』

――この作品との出会いについてお聞かせください。

アレクサンドル・アジャ監督(以下、アジャ監督):すごく怖い映画が作れそうなストーリーを探していました。『ヒルズ・ハブ・アイズ』みたいな、強烈な緊迫感があるものをやりたくて。『ピラニア3D』のようなコメディも作りましたが、本当に観客を震え上がらせる、映画館の座席で凍り付かせてしまうような、没入感のある作品です。脚本や本を色々読んでいるときに、『クロール ―凶暴領域―』の脚本が送られてきたんです。脚本の売り込み文句(ログライン)に、“カテゴリー5のハリケーンの中、フロリダの冠水した地域、ワニがうようよ泳ぐ状況で、若い女性が父親を助けなければならない”とあって。僕が求めていたものとぴったりでした。何かが降りてきて、「これは僕が作る」とすんなり思ったんです。サバイバル要素と、恐怖の組み合わせがちょうどよかった。

――撮影はいかがでしたか?

アジャ監督:毎日ウェットスーツを着て、強風と雨の中ずっと水に浸かっているという、本当に難しくて大変な撮影でした。俳優たちも同じでしたから、本当に厳しかったです。作品の内容がサバイバルなんだけど、僕ら作り手もサバイバルでした。水に浸かって撮影するという状況は前の作品で経験があったはずなんですが、どれほど大変か忘れていました。「ああ、暖かくて快適な自宅でこのシーンを書いた自分は何を考えていたんだ……」って。でも結局はすごく楽しいから、また戻るだろうなと思います。

『クロール -凶暴領域-』

「息子にヤバいママを見せたいし」

――それでは、撮影準備も大変だったのでしょうか?

アジャ監督:どんな映画も入念な準備が必要です。映画製作にはお金がかかりますから、やり直す時間は与えられません。何をするか完璧に押さえておかないと。僕は脚本を徹底的に練ります。脚本が何をおいても一番重要で、あとはストーリーボードとショット(カット)リストですね。全シーン、撮るカットのリストを作ります。自分がどう撮るのかは完璧に準備しておきたいですが、それからは俳優との協力作業です。ブロックごとに、彼らがその場をどう支配するか。特に、腹這いになるスペースや浸水したところでのシーンは、誰がどこでどう動いてどう反応しあうかが、“そのシーンが説得力を持つかどうか”を左右します。

――俳優の撮影環境もとても過酷だったのですね。

アジャ監督:彼らがどう言おうと分かっていたはずです。脚本に書いてありますから(笑)。いえ、カヤ(・スコデラリオ)とバリー(・ペッパー)なしに映画は作り得ませんでした。二人とも、素晴らしく頼もしかったです。「カヤ、何が来るか分かるよね、本当にやる?」と聞いても、彼女は「ええ、大丈夫。息子にヤバいママを見せたいし」と。超ヤバかったです。

『クロール -凶暴領域-』

すごく楽しい、手に汗握る恐怖映画です

――観客はどんな準備をして、この映画を見るべきでしょうか?

アジャ監督:豪雨ですから、雨具は完全防備で来たほうが良いですね(笑)。いえ、すごく楽しい、手に汗握る恐怖映画です。『アベンジャーズ』や『スター・ウォーズ』ら超大作が軒並み公開される市場で、『クロール ―凶暴領域―』のような作品が人気があるのは、没頭できるからです。あなたも暴風雨にさらされる。あなたも、あの地下室にいる。あなたも、水位がどんどん上がっていく中、必死で屋根を目指すんです。時間は刻一刻となくなっていき、ワニも慣れてきて攻撃は激しくなります。怖い思いをする、でも生き残れるかも知れない、楽しいんです。

――監督にとっては、久しぶりのホラー映画ですがいかがでしたか?

アジャ監督:れっきとした直球のホラー映画に戻れてよかったです。僕のDNAなんだと実感しました。扉の陰から飛び出して人を驚かすみたいで、この作品を作るのは、すごく楽しかったです。ワクワクするんです。

『クロール―凶暴領域―』
10月11日(金)日本上陸

(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき