ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

スマホの写真で網膜芽腫を検知できるアプリ「CRADLE」、米大学が開発

医療の分野でのテクノロジー、特に人工知能(AI)の貢献が目覚ましい。その多くは、データをコンピューターに分析させるというものだ。

そしてこの手法を取っている新たなスマホアプリが開発された。写真から、目の腫瘍の病気「網膜芽腫」を検知するというものだ。

・目が白く反射する症状

米テキサス州のウェーコ大学の研究チームが手がけたアプリ「CRADLE」は、子供に多い病気である網膜芽腫の早期検知に役立つよう開発された。網膜芽腫は網膜に悪性腫瘍ができる病気で、進行すると視力低下などの症状が出てくる。

早期に治療を始めれば治癒する病気ではあるが、問題は多くの子供が幼いためにその症状を伝えられないこと。結果として、病気が進行し、明らかに目が白く反射したりするなどの特徴が出てから医療機関を受診するケースが多いのだという。

・気づきにくい症状をキャッチ

そこで、CRADLEでは普段撮る何気ない写真から網膜芽腫の有無をチェックできるようにした。具体的には、写真に映った子供の目に、網膜芽腫特有の白い反射がないかどうかをみる。このチェックにAIを活用している。

研究チームがこのアプリで子供40人(半数が疾患あり)の5万3000枚の写真を使ってテストしたところ、16人のケースで医師が網膜芽腫の診断を下す前(平均1.3年前)に病気を検知できたという。

つまり、人の目ではなかなか気づきにくい段階で、AIが症状をとらえることに成功している。

研究チームによると、このアプリ(iOS、Android)は子供だけでなく年齢に関係なく利用できるとのこと。ただし、「アプリは医師の診断に取って代わるものではなく、受診が必要」としている。

チームの研究論文は専門誌Science Advancesに掲載された。

Science Advances

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき