スマホの写真で網膜芽腫を検知できるアプリ「CRADLE」、米大学が開発

access_time create folderデジタル・IT
医療の分野でのテクノロジー、特に人工知能(AI)の貢献が目覚ましい。その多くは、データをコンピューターに分析させるというものだ。

そしてこの手法を取っている新たなスマホアプリが開発された。写真から、目の腫瘍の病気「網膜芽腫」を検知するというものだ。

・目が白く反射する症状

米テキサス州のウェーコ大学の研究チームが手がけたアプリ「CRADLE」は、子供に多い病気である網膜芽腫の早期検知に役立つよう開発された。網膜芽腫は網膜に悪性腫瘍ができる病気で、進行すると視力低下などの症状が出てくる。

早期に治療を始めれば治癒する病気ではあるが、問題は多くの子供が幼いためにその症状を伝えられないこと。結果として、病気が進行し、明らかに目が白く反射したりするなどの特徴が出てから医療機関を受診するケースが多いのだという。

・気づきにくい症状をキャッチ

そこで、CRADLEでは普段撮る何気ない写真から網膜芽腫の有無をチェックできるようにした。具体的には、写真に映った子供の目に、網膜芽腫特有の白い反射がないかどうかをみる。このチェックにAIを活用している。

研究チームがこのアプリで子供40人(半数が疾患あり)の5万3000枚の写真を使ってテストしたところ、16人のケースで医師が網膜芽腫の診断を下す前(平均1.3年前)に病気を検知できたという。

つまり、人の目ではなかなか気づきにくい段階で、AIが症状をとらえることに成功している。

研究チームによると、このアプリ(iOS、Android)は子供だけでなく年齢に関係なく利用できるとのこと。ただし、「アプリは医師の診断に取って代わるものではなく、受診が必要」としている。

チームの研究論文は専門誌Science Advancesに掲載された。

Science Advances

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧