ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

GoPro、Heroカメラとしても機能する新型360カメラ「Max」を発表

GoPro は 10 月 2 日、Hero シリーズのアクションカメラとしても 360 カメラとしても使える画期的な新製品「Max」を発表しました。
価格は税込み 67,100 円で、10 月 25 日前後に発売されます。
Max は 2017 年に発売された「Fusion」のようなデュアルレンズ仕様の 360 カメラなのですが、GoPro Hero シリーズのようにシングルレンズのアクションカメラとしても動作する「Hero モード」を搭載しており、アウトカメラを用いれば GoPro Hero のようなアクションカメラとして、インカメラを用いればセルフィーカメラとして使えます。
また、本体にはタッチスクリーンが搭載されており、Hero モード中はフレーミングを確認しながら撮影できます。
さらに本体には GoPro Hero8 Black と同じ折りたたみ式のマウントアダプタが内蔵されており、そのままで様々なマウントに装着して使用することができます。
ウェアラブルな 360 カメラです。
360 度モードでは、[email protected] という高精細な 360 動画や、16.6MP の 360 写真を撮影することができます。
また、Hero モードでは、最大 [email protected] の動画を撮影することができ、さらに 180 度の広角レンズをバッファとして機能させることで、GoPro 史上最も映像が安定するとされる「Max HyperSmooth」機能や、撮影中は一貫して水平を維持する「水平維持機構」なども搭載しています。
映像に関する機能以外にも Max には 6 つのマイクが搭載されており、周囲の音を空間オーディオとして録音できる他、話している人の方に指向性を持たせて録音することもできます。
他にも、撮影時の画角を 13mm 相当の「超広角」、16mm 相当の「広角」、魚眼効果無効の「リニア(19mm 相当)」、27mm 相当の「狭角」から選択でき、撮影の目的に適した画角で動画を撮影できる機能、歪みのない 270 度のパノラマ写真を撮影できる「PowerPano」、360 度モードと Hero モードの両方でスムーズなモーションラプス動画を撮影できる「Max TimeWarp」なども搭載しています。
Android / iPhone 向けの GoPro アプリを使用すれば、撮影した 360 度動画を再フレーミングして 2D 動画を切り出したり、YouTube Live や Facebook Live を利用したライブ配信もできます。
Source : GoPro

■関連記事
GoPro Hero8 Black 登場、モジュラーデザインの採用で機能をカスタマイズできる
引っ越し等でGoogle Homeの設置場所が変わった時のネット再接続の流れ
Instagramアプリにダークテーマが導入

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき