ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

身にまとうのもアリ!曲げられるLEDのディスプレイ『anode』

anode
夜間に自転車を乗る時や、ランニングをするときなど、車からの視認性を高めることはとても重要です。
最近ではウェアなどに反射材がプリントされているので比較的安全ではありますが、面積が小さいせいで見落としてしまうドライバーも少なくありません。
事故に遭わないためにも自転車にはテールランプを取り付けたり、ランナー用の反射ベストを着用するなど、自分の身は自分で守ることは大切です。

そこで今回は、ぐにゃぐにゃ曲げられるLEDディスプレイ『anode』をピックアップ。
腕に巻いて腕章のようにするもよし、ウェアに貼り付けてメッセージを発信してもいいでしょう。
夜間や暗所では視認性向上に大きく役立ちますので、プライベートから仕事まで様々なシーンで活用することができそうです。
anode

基盤を曲げられるLED

anode』はLEDを身にまとうことができる、フレキシブル基板を採用したウェアラブルLEDです。
基盤を身につけたいという着想から、プリント基板の設計製造メーカー株式会社電子技販がデザイン・開発しました。
基盤を曲げられるLED
anode』は曲げられるだけでなく、専用アプリを使えばメッセージを変更することも可能となっており、シーンに合わせた使い方ができます。
服や帽子、鞄などに取り付けて、アクセサリー感覚で使用しても面白いかもしれません。

anode』の特徴

ユニークな発想がそのままカタチになったようなプロダクトですが、『anode』の特徴を簡単にご紹介します。

フレキシブル基板を採用

フレキシブル基板を採用
一般的な硬質基板ではなく、ぐにゃぐにゃと曲げられるフレキシブル基板が採用されています。
曲面にも問題なくフィットするので、服や帽子に貼り付けて使用することができます。

アプリでメッセージを変更

アプリでメッセージを変更
専用アプリをインストールすれば、お好きなメッセージを点灯させることができます。
12×48個のLEDで表現するため、アルファベットや数字であれば問題なく表示させることができるでしょう。

最大12時間点灯

最大12時間点灯
1度の充電で最大12時間点灯というロングライフ設計となっています。
1日を通して使用できるため、個人から法人利用まで様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

オプションが充実

anode』最大のデメリットは、基盤がむき出しのため防水ではないということです。
そこで、クラウドファンディングにあたり、水から守ってくれる3種類のオプションが同時リリースされます。

アームバンド

アームバンド
サイズ440×80×3mm、重さ25gと軽く、素材には伸縮性のあるLycla(ポリウレタン弾性繊維)が使用されています。
雨が入りにくい構造となっており、腕周り25~38cmの方に適合します。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグ
ウエストバッグ、ボディバッグとしても使える形状で、サイズは225×160×7mmとなっており、容量は12Lです。
メイン素材にはTPU、ファスナーには防水モデルを採用したことで、一般的なバッグより雨が入りにくい構造となっています。

バックパック

バックパック
サイズが300×400×160mm容量20Lロールトップ式を採用したスタイリッシュバックパックです。
外側上部に『anode』を挿入するポケットを装備しており、自然な感じでLEDを身にまとうことができます。

待ち合わせでも使える?

お好みのメッセージを点灯できるということで、夜間の待ち合わせなどに重宝しそうですが、少々目立ちすぎるかもしれませんね。
身にまとえるLEDディスプレイ『anode』は、クラウドファンディングサイトMakuakeにて6,300円(税込)から入手が可能です。
anode
お得なオプションセットプランもありますので、LEDを使ったオシャレを楽しみたい方はこの機会をお見逃しなく。
参照元:makuake.com

バイク乗りに最適?!ドット絵を表示できるデジタルバックパック『PIX』

VADIV LEDネームプレート

関連製品│VADIV LEDネームプレート ¥1,899
※掲載価格は2019年10月3日時点のものです。

関連記事リンク(外部サイト)

“日本の家”設計!一歩先行くコードレススティッククリーナー『switle』
25段階粒度調節が可能!本格的な香りを求める人の『Vitantonioコードレスコーヒーグラインダー』
ここには夢が詰まってる!最高のプラモデル制作用ワークステーション『Artty Station』

デジタル・IT
HACKTSUの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき