ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

佐藤勝利・髙橋海人 ドラマ&映画「ブラック校則」クランクアップで本予告映像解禁! Sexy Zone主題歌を使用

佐藤勝利さん(Sexy Zone)と髙橋海人さん(King & Prince)共演で話題の映画『ブラック校則』(11月1日全国公開)の本予告編&撮れたて“クランクアップ写真が解禁となりました。

本作は、クラスで一際存在感が無く空気のような存在ながら「ある出会い」からブラックな校則に“黙ってなんかいられない!”と立ち上がる、佐藤勝利さん演じる創楽(そら)と、創楽の親友であり、いつも予測不能な行動で周囲を驚かせる髙橋海人さん演じる中弥(ちゅうや)のふたりが理不尽なブラック校則と戦う、笑って泣ける青春ストーリー。

その他、ヒロイン希央役のモトーラ世理奈さん、田中樹さん(SixTONES/ジャニーズ Jr.)、箭内夢菜さん、堀田真由さん、葵揚さん、水沢林太郎さんら、いま旬の若手人気キャストが勢揃いしています。

ダメな自分でも、何かに、変わることができる。ちっぽけな自分でも、何かを、変えることができる―。そんな想いを持った創楽&中弥コンビが、ブラック校則に縛られていたひとりの女子生徒と、やがては全校生徒の心をも解放するべく、奇想天外、ユニークな方法でブラック校則と戦います。

本予告映像では、クラスで空気のような存在だった創楽の抑圧された思いが、全校生徒や教師たち、それぞれの戦いに呼応しながら爆発してゆく様をイメージさせる映像になっています。

「ルールや権力なんて関係ないし」と必死に語る創楽の言葉と共に、生徒たちが悩み苦しむ姿や、「なんでこんな学校来ちゃったんだろう」「つまんねー青春をありがとう」「懲役3年!!」とブラック校則に耐えかねた生徒たちのフラストレーションが溢れ出した落書きが映し出されていきます。さらに「結局、町田希央が好きなんだ。ただそれだけなんだ!」と創楽が好きな女の子への思いをさらけ出す場面も。


動画:映画『ブラック校則』(11.1公開)予告編
https://youtu.be/Canie9ujYdM[YouTube]

恋するあの子を救うため、自由を手に入れるため、ふたりはどのようにブラック校則と戦うのか―?

また、本作主題歌がSexy Zoneの「麒麟の子」に決定し、本予告編にも使用! “現状を打破して自由を掴もう”というリアルなメッセージと力強いサウンドで、本予告編を一層盛り上げます。

そして、11月1日の劇場公開に先駆け、いよいよ10月14日からは、日本テレビにて連続ドラマ、Huluそれぞれでオリジナルストーリーがスタート! そんな映画×ドラマ×Huluと展開する全く新しい一大プロジェクトは、先日9月30日に遂にすべての撮影が終了。

照りつける真夏の太陽の日差しを浴びながらも戦い、乗り越え、およそ1か月に及んだ『ブラック校則』プロジェクトの撮影を終えた佐藤さんと髙橋さんの撮れたてクランクアップ写真も公開! 期待が高まりますね!

『ブラック校則』映画<11.1> × ドラマ&Hulu<10.14> START!
【STORY】さえない青春を生きていた高校生・創楽(佐藤勝利)と親友の中弥(髙橋海人)。彼らが通う高校には理不尽に生徒を縛り付ける校則=“ブラック校則”がはびこっていた。ある朝、登校してきた1 人の女子生徒に創楽は心を奪われる。彼女の名前は希央(モトーラ世理奈)。生まれ持った美しい栗色の髪を黒く染めるよう強要された希央は、反発して不登校となり、退学寸前に。そして創楽と中弥は決意する。「ブラック校則をぶっ壊す!」。
1人では何もできなかった2人が、恋するあの子のため、そして500人の生徒の青春を取り戻すために、ブラック校則と大人たちに立ち向かう!
恋と友情の行方は?果たしてブラック校則は?

出演:佐藤勝利(Sexy Zone) 髙橋海人(King & Prince)
モトーラ世理奈 田中樹(SixTONES/ジャニーズ Jr.)箭内夢菜 堀田真由 葵揚 水沢林太郎 達磨
成海璃子 片山友希 吉田靖直 戸塚純貴 星田英利 坂井真紀 / 光石研 でんでん / 薬師丸ひろ子
脚本:此元和津也 監督:菅原伸太郎 音楽:井筒昭雄 主題歌:Sexy Zone「麒麟の子」(ポニーキャニオン)
企画製作:日本テレビ/ジェイ・ストーム 配給:松竹
(C)2019 日本テレビ/ジェイ・ストーム

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき