「こんなイケメンとなら一年に一度でも幸せ!!」一流セレブの豪邸でイケメンウォッチ! ミーハーおばさんの弾丸トークが止まらない~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

access_time create folderエンタメ

破談&追い出し…紆余曲折の果てに姉のもとへ

婚約者の左近少将の裏切りにより、破談&部屋を追い出される羽目になった浮舟。仕方なく、異母姉にあたる中の君に頼んで、しばらく二条院で居候させてもらうことになりました。

中の君の住む西の棟の北側の一室を借り、浮舟は乳母や女房たち数人と、母の中将の君とともに初めて姉に対面しました。物忌ということにしてあるので、人も来ず安心です。

今まで疎遠だったとはいえ、もともと中将の君は中の君の母(八の宮の正妻)の姪。親族ということもあり、中の君側も他人行儀にせず、親しみを込めた応対をします。

こうして数日が過ぎた頃、こちらへ匂宮がやってきました。噂に聞く当代一の美男子を見ようと、中将の君はこっそり覗き見ます。

豪華絢爛!セレブの日常に悲喜こもごも

ここからは浮舟そっちのけで、お母さんの中将の君視点のウオッチングです。まず、宮の桜の枝を折り取ったような華やかさにうっとり。彼の前に、夫の常陸介よりずっと格上に見える四位、五位の貴族が、皆一斉にひざまずいて控えています。ははーっ!

やがて宮中から帝からのお使いが。それは中将の君にとって継子に当たる、常陸介の先妻の息子でした。でも、ろくに宮のお側にも近寄れない有様。改めてなんというお方かと、目を見張ります。

(やんごとなきお方の恋の遊びに振り回されるのはゴメンだとばかり思っていたけど、このお方ならたとえ年に1度、七夕の逢瀬でも大歓迎だわ! この方のお側近くにいられたら、それだけで幸せ!!)

宮は若君を抱き上げ、中の君と会話しながらあやします。美男美女夫婦の間に生まれた可愛い赤ちゃんと、まるで一幅の絵のよう。その後、宮は「気分が悪い」といって、集まった人たちをよそにゴロゴロしたり、若君と遊んだり。

すっかり宮に釘付けとなった中将の君は、いちいちその一挙手一投足に感動します。金にあかせてキンキラキンにしていても一般人などたかが知れている。それに同じ宮家とはいえ、零落した八の宮の侘しい暮らしとは雲泥の差です。

そして、シンデレラのように匂宮に見初められた中の君の栄達を見ると嬉しい反面、複雑な想いも。(本当は私だって縁続き。でも私が女房として仕え、愛人としてしか見られなかったがために、こうして身を低くしてお願いするような立場になってしまった。

でも、うちの浮舟だって、立派な方と並んで不釣り合いではないはず。介との間に生まれた娘たちとは月とスッポンなのを思えば、やっぱり理想は高く持たなくちゃ!)。

二条院のきらびやかさに刺激され、中将の君は舞い上がったり落ち込んだり。本人そっちのけで、薫との今後を思い描いて眠れぬ夜を過ごします。あくまでも、浮舟のお母さんの皮算用です。

「もしやあの男」パッとしないお迎えの正体は

翌日、匂宮は遅く起き「母上(明石中宮)のお加減がよくないようなので、お見舞いに行こう」。昨日に引き続き、中将の君は宮をチェック。ラフな格好も素敵ですが、きちんとおめかしした姿はまた格別!と、またまた大興奮。

宮は若君が可愛くて、いつまでも遊んでいます。お迎えに参上していた人が待ちぼうけでウロウロする中、何やら見たような顔の男が……。やたら気取っていますが、取り立てて言うところのない、つまらない男です。

「あの人よ。先日、常陸介の婿になった左近少将は。最初は浮舟の君と決めていたのに、実の娘がいいと、年端もゆかぬ下の娘に乗り換えたんですって」「ええ、こちらではそんな噂は聞かないけど、介の近くに勤めている人から聞いたのよ」。

まさかすぐ側で中将の君が聞いているとも知らず、そのものズバリの噂話が始まったのにはドキッ! でも本当に、こうしてみると全くパッとしない。(どうしてこんな男との結婚を考えついたのかしら)と、改めてバカバカしく思います。でも、結婚したのは妹娘の方なので、中将の君にとって彼が義理の息子になったというのは変わらないんですけどね……。

外に出ようとした宮は、若君がハイハイして出てくるのに気がついて部屋に戻り、中の君に「母上の具合がよくなったら帰ってくるよ。良くならないようなら今夜は宿直だな。やれやれ、一晩でも気がかりでたまらないね」と、今一度若君にバイバイをして、ようやく出発。子煩悩な宮のパパぶりです。

宮が華やかな雰囲気を残して行ってしまうと、中将の君は(覗いていただけなのに)なんだか力が抜けて、ぽわ~ん。匂宮でこうなんですから、現役の源氏がいたらもっとすごいことになっていたでしょう。源氏のDNA、恐るべし。

優しい発言に感動…おばさんの弾丸トーク過激化

すっかりミーハーおばさんと化した中将の君は、興奮冷めやらぬままに、中の君の前で感想をしゃべり倒します。中の君は(ちょっとお上りさんっぽい)と思いつつ、話題は亡き八の宮、大君のことに移ります。

親に先立たれるのは仕方ないことと思いますが、姉が早くに亡くなったことは今でも本当に悲しくて……。薫の君が今も変わらず姉への愛情を抱いて下さっているのを見るにつけても、残念でなりません。

もし生きていらしたら、私のような立場にならなかったとは言えませんけど……叶えられなかった仲だからなのか、あの方は不思議なまでにお忘れにならず、亡き父の供養なども心を込めてして下さいます」。

中の君がこう言うと、中将の君は「大君さまの代わりにと、弁の尼からお話を伺った際は恐れ多くて遠慮されましたが……」と、少将にドタキャンされた話などをかいつまんで話し、今はともかく自分の死後が心配で、出家させようかとも考えていると、浮舟の身の上を嘆きます。

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧