ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

GoPro、最大5.6K/30pの360度撮影と通常の動画撮影に対応した『GoPro Max』を発表

GoPro、最大5.6K/30pの360度撮影と通常の動画撮影に対応した『GoPro Max』を発表

GoProは、デュアルレンズ搭載の360度カメラ『GoPro Max』を10月25日に発売する。価格は、67,100円(税込)。
『GoPro Max』は、1つのレンズだけを使用した通常の動画撮影に加え、2つのレンズを使用した最大5.6K/30pでの360度映像が撮影できる。 水深5mの防水性も備える。Max HyperSmoothは、 次世代の強固な安定化機能およびカメラ内ホライゾンレベリング(水平ロック)により画期的な水平維持機構も備えている。Max TimeWarpは、 360 度モードと HERO モードで使用可能で、驚くほどスムーズなタイム ラプス モーション ビデオを作成できる。
また、6 つの内蔵マイクが連動し、臨場感あふれる 360 度オーディオ、ビデオブログ向けの指向性オーディオ、ウィンド ノイズ低減、そして GoPro 史上最高のステレオ サウンドを実現。
 

 

主な機能

HERO + 360 撮影モード
従来のHEROスタイルのビデオ/写真撮影と、 360度映像撮影の切り替えができる。
・カメラ内ホライゾンレベリング(水平ロック)
HEROモードでは、 革新的なホライゾンレベリングによりシルクのように滑らかなシネマティックスタイルの映像を撮影できる。
・Max TimeWarp
360 度モードと HERO モードの両方で時間をワープ。 HERO モードでは、 TimeWarp 機能により、 動き、 シーン検出、 光量に基づいて速度が自動的に調整される。 タップすると速度がリアル タイムまで下がり、 再度タップすると速度が再び上がる。
・デジタルレンズ
GoPro 史上最も広く、 臨場感あふれる視野角の Max SuperView を含む、 4つのデジタルレンズで、 視野角を簡単に選択できる。
・高品質 360 度 + ステレオ オーディオ
6 つのマイクによるリアルな 360 度オーディオが、 GoPro 史上最高のステレオ サウンドを実現。
・指向性オーディオ
HERO モードの指向性オーディオにより、 どのレンズを使用していても、 カメラの正面または背後の音声を任意に優先でき、 Vlogに最適。
・内蔵型折り畳み式マウントフィンガー

◉製品情報

https://gopro.com/ja/jp/shop/cameras/max/CHDHZ-201-master.html
GoPro
https://jp.gopro.com/

関連記事リンク(外部サイト)

GoPro、HyperSmooth 2.0搭載の最新モデル『HERO8 Black』とモジュラーアクセサリーを発表
サイバーリンク、ビデオ編集ソフト 最新版 『PowerDirector 18』を発表
10月の「アマナドローンスクール無料説明体験会」が東京で開催

ビデオSALONの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき