ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

デュアルレンズ搭載! 360度映像を5.6Kで撮影できる「GoPro MAX」10月25日発売

アクションカメラのパイオニア的存在であるGoProが、360度ビデオを5.6Kで撮影できるという、さらに進化したカメラ「GoPro MAX」を発表した。

画角が変えられるレンズや、折りたたみ式のマウントフィンガーを搭載するほか、パンせずにパノラマ写真を撮影できるモードも用意され、様々なシーンでの撮影に対応する。

・レンズ画角は4つ

GoPro MAXはコンパクトな正方形ボディの前後にカメラを1つずつ備えている。このカメラ2つを同時に使って360度撮影が可能になる。もちろんレンズ1つで通常の撮影もでき、搭載するカラーディスプレイを活用しながらのセルフィーも可能だ。

そしてデジタルのレンズは画角を変えることができ、シーンに応じて「Max SuperView」「広角(GoProで一般的な画角)」「リニア(歪みなし)」「狭角(スマホと同程度の画角)」を使い分けられる。

・水深5メートルまでOK

GoProはエクストリームスポーツなさまざまなアクションシーンで活用されることが多いが、MAXでは折りたたみ式のマウントフィンガーを内蔵し、また防水機能を備え水深5メートルまでハウジングなしでも大丈夫とのこと。

加えて、強固な安定化システムで180度撮影ができる「Max HyperSmooth」、滑らかなシネマティックスタイルの映像撮影ができる「ホライゾンレベリング」、時間をワープできる「Max TimeWarp」などの機能が用意されている。

映像もさることながら、内蔵する6つのマイクで360度の音を拾い、高品質のステレオサウンドになるのもうれしい。

また、アプリに360度映像を素早く取り込んだり、360度映像を従来のビデオや写真にリフレームしたりできるなど、ソフトウェア面も充実している。

GoPro MAXは10月25日発売。すでに予約の受け付けが始まり、価格は6万7100円(税込)となっている。

GoPro

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき