声優デビュー40周年で島本須美が歌い伝えるジブリソング集の詳細&ジャケット公開

access_time create folderエンタメ
声優デビュー40周年で島本須美が歌い伝えるジブリソング集の詳細&ジャケット公開

声優デビュー40周年、「風の谷のナウシカ」のナウシカ、「ルパン三世カリオストロの城」のクラリスを演じた島本須美。

鮮やかなピアノをバックに、優しく、涼やかに、時に力強く歌い伝えるジブリソング集の詳細とジャケットが公開された。

日本を代表するアニメ映画・宮崎駿監督作『風の谷のナウシカ』ナウシカ役、『ルパン三世カリオストロの城』でクラリス役を演じ、その後もジブリ/宮崎作品においては、『となりのトトロ』ではメイとサツキ役の母親、『もののけ姫』ではトキを演じた。
2009年には、ワーナーミュージックより「島本須美 sings ジブリ」をリリース。翌年には続編アルバムをビクターよりリリース。
当時はクラシック音楽とマッシュアップされた内容だったが、その後、歌声とフィットしたアコースティックなバックトラックでの発売要望が多く寄せられた。

今回、40周年記念盤として、このVOCALトラックを生かし、バックトラックを新たにピアノに入れ替えてアルバムをリニューアル。
ピアノアレンジに、2018年にピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリにして、YOUTUBE750万回再生を誇るマルチピアニスト“Cateen”こと角野隼斗を起用。ピアノ1台で多彩な世界観を描き出している。

リニューアルにあたり「さよならの夏~コクリコ坂から~」を追加収録。また、“島本=ナウシカ”が歌う「風の谷のナウシカ」も2019年新録音。ボーナストラックには、まさかの若手No.1 JAZZドラマー 石若駿参加によるCateenとのセッションをバックにして“島本=クラリス”が歌う「炎のたからもの」が収録される。

ジャケットと、ブックレット内の表2,3には、宮崎駿さんによるイラストレーション、1984年に徳間書店アニメージュ文庫から発行された「島本須美 これからの私 相談相手/宮崎駿」に掲載された、「少女時代の島本須美」、「ナウシカ」、「クラリス」を復刻使用。
まさにデビュー40周年にふさわしいアートワークになっている。 (内)

声優デビュー40周年で島本須美が歌い伝えるジブリソング集の詳細&ジャケット公開

【作品情報】
島本須美「sings ジブリ リニューアル ピアノ バージョン」
発売日:2019年10月23日
品番:WPCL-13118
価格:¥2,300 (+税) 
https://wmg.jp/shimamotosumi/discography/21612/

<収録曲>
1.ナウシカ・レクイエム (より instrumental)
2.風の谷のナウシカ(風の谷のナウシカ)<2019新録音>
3.君をのせて(天空の城ラピュタ)
4.あの夏へ (より instrumental)
5.いつも何度でも(千と千尋の神隠し)
6.アシタカせっき (より instrumental)
7.もののけ姫(もののけ姫)
8.やさしさに包まれたなら(魔女の宅急便)
9.カントリー・ロード(耳をすませば)
10.崖の上のポニョ(崖の上のポニョ)
11.さんぽ
12.となりのトトロ
13.風のとおり道(より instrumental)(となりのトトロ)
14.さよならの夏~コクリコ坂から~(コクリコ坂から) <2019新録音>
15.炎のたからもの(ルパン三世 カリオストロの城) <ボーナストラック>

Vocal:島本須美 (2009 recording / track2,14: 2019 new recording)
Piano:Cateen(角野隼斗)
Drums:石若 駿 (track:15)

【関連リンク】
島本須美 WMJサイト
https://wmg.jp/shimamotosumi/

access_time create folderエンタメ
local_offer

OTOTOY

ハイレゾ音楽配信/メディア・サイト。記事も読めるようになったアプリもよろしくどうぞ。

ウェブサイト: http://ototoy.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧