米海軍が3本のUFO動画を「未確認航空現象」と認定 こうした認定は前例がないらしい

access_time create folderエンタメ

アメリカの公益法人「To The Stars Academy of Arts and Science」がYouTubeで公開した3本のUFO動画に関して、米海軍が公式に「未確認航空現象(Unidentified Aerial Phenomena、UAP)」と認定したとして、話題になっています。

FLIR1: Official UAP Footage from the USG for Public Release(YouTube)
https://youtu.be/6rWOtrke0HY

Go Fast: Official USG Footage of UAP for Public Release(YouTube)
https://youtu.be/wxVRg7LLaQA

Gimbal: The First Official UAP Footage from the USG for Public Release(YouTube)
https://youtu.be/tf1uLwUTDA0

9月11日に、アメリカのThe Black Vaultというサイトが、上記3本のUFO動画について米海軍に公式見解を求めたところ、「未確認飛行物体(UFO)」とは形容しなかったものの、「未確認航空現象」と認識していることが明らかとなりました。

U.S. Navy Releases Dates of Three Officially Acknowledged Encounters with “Phenomena”
https://www.theblackvault.com/documentarchive/u-s-navy-releases-dates-of-three-officially-acknowledged-encounters-with-phenomena/#[リンク]

この投稿をInstagramで見る Official Tom DeLongeさん(@tomdelonge)がシェアした投稿 – 2019年 9月月18日午前10時02分PDT

https://www.instagram.com/p/B2j2qHgJ3Fm/
動画を公開した「To The Stars Academy of Arts and Science」の創立者、トム・デロングさんもInstagramでこの事実を公表しています。デロングさんによると、米海軍がUFO関連の事例に対し、「未確認航空現象」として認定すること自体が前例のないことだそうです。

動画の映像とパイロット達の生々しい会話からすると、やはり「未確認航空現象」ではなく「未確認飛行物体」としか思えないのですが、果たして米軍がUFOの存在を公式に認める日は来るのでしょうか?

「結局ドローンでした」という幕引きだけは勘弁して欲しいものです。

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=tf1uLwUTDA0

※ソース:
https://www.theblackvault.com/documentarchive/u-s-navy-releases-dates-of-three-officially-acknowledged-encounters-with-phenomena/#

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧