ホイールの回転でバッテリーを充電できるスーツケース「Rollogo Escape S」が画期的!

access_time create folderデジタル・IT
なんともエコで便利そうなスマートスーツケースが登場した。香港のスタートアップが開発した「Rollogo Escape S」は、移動する際のホイールの回転で発電し、内蔵のバッテリーを充電するというもの。

バッテリーではスマホなどが充電でき、電池切れの懸念やコンセント探しから解放されそうだ。

・特許取得済みの技術

スーツケース使用時、つまり旅行ではよく歩く。その動きを電気に変えるのがこのスーツケースだ。特殊な構造のホイールは回転するたびに発電するとのことで、この技術はすでに特許を取得済みという。

発電した電気は、スーツケースに備え付けられているモバイルバッテーリー(取り外し可)に蓄えられる。バッテリー容量は8000mAhとたっぷりあり、搭載のUSBポートにケーブルをさして端末などを充電できる。

・トラッキングもできる

また、このバッテリーはBluetoothでスマホと接続させることができ、スマホからバッテリーの容量をチェックできる。加えて、バッテリー、つまりスーツケースの位置をトラックできる。これはスーツケースが迷子になったときに便利な機能だ。

スマホとスーツケースが一定の距離以上に離れたらノーティフィケーションがスマホに届くように設定することもでき、盗難予防に役立つ。

スーツケースとしてのスペックはというと、容量は35リットルで、機内に持ち込めるサイズ。そしてロックはTSA対応だ。スーツケース上部に小物類を収納するポケットがついているデザインとなっている。

Rollogo Escape Sは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。すでに目標額は達成し、今なら3355香港ドル(約4万6000円)の出資で入手できる。出資は10月18日まで受け付け、来年4月にも発送される見込みだ。

Rollogo Escape S/Kickstarter

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧