『ダークナイト』トリロジーに知っておきたい真実6つ「キャスト候補の顔ぶれが豪華すぎる!」ほか

access_time create folderエンタメ
『ダークナイト』トリロジーに知っておきたい真実6つ「キャスト候補の顔ぶれが豪華すぎる!」ほか

新バットマンにロバート・パティンソンが決定しましたが、果たしてマット・リーヴスが監督する『The Batman』は、クリストファー・ノーランがメガホンを取った映画史に残る名作『ダークナイト』トリロジーを超えられるのでしょうか!? そこで、この機会に傑作トリロジーに知っておきたい真実6つをご紹介!

『ダークナイト』トリロジーのインスピレーションの源は!?

『ダークナイト』トリロジーに知っておきたい真実6つ「キャスト候補の顔ぶれが豪華すぎる!」ほか

https://m.media-amazon.com/images/M/[email protected]@._V1_SX1777_CR0,0,1777,756_AL_.jpg

クリストファー・ノーランがメガホンを取った『ダークナイト』トリロジーが誕生する前に公開された『バットマン』映画は、ティム・バートン監督による『バットマン』(1989年)と『バットマン リターンズ』(1992年)、ジョエル・シューマカーが監督を務めた『バットマン フォーエヴァー』(1995年)と『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』(1997年)があります。
バートンとシューマカーが指揮を執ったシリーズはそれぞれ作風が異なりますが、特にノーラン監督はシューマカーの作品とは真逆を行くトーンを目指したのだそう。
シューマカーの『バットマン』シリーズは全体的に色もトーンも明るく、シリアスなニュアンスが1ミリも感じられない映画になっていましたが、ノーランは新シリーズをリアリズムにあふれたダークな作品に転じるコンセプトを打ち出し、見事に実現させたのでした。
かなりの酷評となり興行的にも大失敗に終わったシューマカーの作品が、インスピレーションの源になっていたとは興味深いですね。まさに、反面教師といったところでしょうか。

超豪華な顔ぶれがオーディション!


この投稿をInstagramで見る

#Repost @gal_gadot ・・・ “I’m batman” ?? Happy Halloween!! Memories from @justiceleague @clayenos #iactuallygotexcitedwearingit

Justice League Movieさん(@justiceleague)がシェアした投稿 – 2018年10月月31日午前10時02分PDT

期待が掛かった『バットマン』の新作だけに、『バットマン ビギンズ』(2005年)に出演を望む人気俳優は大勢いたようで、かなり豪華な顔ぶれがオーディションに揃っていました。
まず、ブルース・ウェインことバットマン役に挑んだのはジェイク・ギレンホール(『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)、キリアン・マーフィ(『ピーキー・ブライダース』)、ビリー・グルダップ(『ジャスティス・リーグ』)、ジョシュア・ジャクソン(『アフェア 情事の行方』)で、最終的に抜擢されたのはクリスチャン・ベイルです。
キリアンはバットマン役はゲット出来ませんでしたが、『ダークナイト』トリロジーでヴィランのスケアクロウ役にキャスティングされました。

バットマン ビギンズ

バットマン ビギンズ

原題 :Batman Begins
2005年6月18日より全国にて公開
2005年/アメリカ/134分
more

その他には、『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター博士役が強烈だったアンソニー・ホプキンスが執事のアルフレッド役のオーディションを受けましたが、マイケル・ケインに役を奪われることに。
そして、ジョーカーについては故ロビン・ウィリアムス(『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』)、スティーヴ・カレル(『ビューティフル・ボーイ』)、サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)、ヒューゴ・ウィービング(『マトリックス』シリーズ)が候補に挙がっていたそうです。
結果的にヒース・レジャーがジョーカー役を演じることになり、アカデミー賞助演男優賞を受賞しました。

体重を増やしすぎたクレルチャン・ベイル…

『ダークナイト』トリロジーに知っておきたい真実6つ「キャスト候補の顔ぶれが豪華すぎる!」ほか

LOS ANGELES, CA – APRIL 22: Christian Bale attends the LA Premiere Of HBO’s “Foster” at Linwood Dunn Theater on April 22, 2019 in Los Angeles, California. (Photo by Gregg DeGuire/Getty Images)

『バットマン ビギンズ』に出演する前、クリルチャン・ベイルは『マシニスト』(2004年)で不眠症に苦しみ痩せこけた主人公を演じるために大幅に体重を落とし、ガリガリ体型になっていました。
そこで、バットマンを演じるにあたり体重を増やす必要に迫られ、なんと100ポンド(約45キロ)も増量! ところが少々やりすぎてしまったようで、かなり太目になった彼を目にしたノーラン監督はビックリしてしまったのだとか。
バットマンどころか“ファットマン(太った男)”という言葉がピッタリなほどで、その後にクリスチャンはキャラクターに合わせて体重を20ポンド(約9キロ)落としたそうです。

ジャック・ニコルソンがお怒り気味だった!

『ダークナイト』トリロジーに知っておきたい真実6つ「キャスト候補の顔ぶれが豪華すぎる!」ほか

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BOWRlNDRhOWMt[email protected]._V1_SY1000_CR0,0,1775,1000_AL_.jpg

ヒース・レジャーの前にジョーカーに扮したのは他でもないジャック・ニコルソンですが、『ダークナイト』で声が掛からずに少しお怒り気味だったのだそう。
インタビューでジャックは、「ジョーカーが登場する続編に出演しないかと誰も聞いてくれなかった。どう演じるか分かってるのに誰も声を掛けてくれなかったんだ。どんな分野でも何かが実現したり、しなかった理由を信じられないことがある。続編でジョーカー役をオファーされなかったことも同じかもしれない。(ヒースのキャスティングは)間違いではなかったかもしれないし、おそらく正しいことだったんだろう。でも率直に言って怒ってるよ」と述べていました。

ダークナイト

ダークナイト

原題 :The Dark Knight
2008年8月9日より全国にて公開
2008年/アメリカ/152分
more

バットマン映画で世界興行収益が初の1億ドルを突破!

『ダークナイト』トリロジーに知っておきたい真実6つ「キャスト候補の顔ぶれが豪華すぎる!」ほか

https://m.media-amazon.com/images/M/[email protected]@._V1_SY1000_CR0,0,1499,1000_AL_.jpg

「アメコミ映画をフィルム・ノワールの域に押し上げた」と絶賛された『ダークナイト』トリロジーは、作品として高い評価を得ただけでなく興行収益でも記録を達成しました。
『ダークナイト』は、『バットマン』映画において世界興行収益が10億ドルを超えた初の作品となり、続編『ダークナイト ライジング』(2008年)も同様に10億ドルを突破して空前の大ヒットとなりました。
間違いなく同トリロジーは、アメコミ映画がシリアスに受け止められるべきジャンルであり、アカデミー賞などの賞レースにノミネートされる土台を作ったと言っても過言ではありません。

ジョン・ブレイクはロビンの代わりだった!?

『ダークナイト』トリロジーに知っておきたい真実6つ「キャスト候補の顔ぶれが豪華すぎる!」ほか

これまでにバットマンの相棒であるディック・グレイソンことロビンは、『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』で登場してクリス・オドネルが演じました。
『ダークナイト』トリロジーでロビンは姿を見せませんでしたが、『ダークナイト ライジング』でジョセフ・ゴードン=レヴィット扮する警官のジョン・ブレイクがロビン的な存在だったとのこと。
ジョンは名前も違えばスーパーヒーローでもありませんがロビンと同様に探偵的な才能を発揮し、ノーラン監督はジョンを通してロビンにオマージュを捧げていたようです。
ロバート・パティンソンが新バットマン役を務める『The Batman』は、次なるトリロジーの第1作になるとも言われていますが、果たして『ダークナイト』トリロジーを超えるシリーズになれるかどうか見守っていきたいと思います!

ダークナイト ライジング

ダークナイト ライジング

原題 :The Dark Knight Rises
2012年7月28日より全国にて公開
2012年/アメリカ/165分
more

Things You Didn’t Know About Dark Knight Movies | ScreenRant


関連記事リンク(外部サイト)

知っていたら面白い!バットスーツに搭載されているスゴすぎる機能7つ/電気ショックで自分を蘇生できる他
ベン・アフレックの後を継ぐかもしれない新生バットマン候補5人は誰!? 意外な名前も浮上!
ロバート・パティンソン版バットマンはどんな作品になりそう!? アフレック版と比較しながら分析!

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧