ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

JR貨物 横浜羽沢駅が着発線荷役方式導入、ホーム拡張や線路増設で11月30日から新サービス展開



相鉄・JR直通線の羽沢横浜国大駅があるJR貨物 横浜羽沢駅がリニューアルし、11月30日から新サービスが稼働する。
まず、要望の多かった深夜集貨が可能な北海道行き・九州行きの列車を各1本追加。既存の列車についても、着発線荷役方式(E&S方式)とし、発列車の貨物引き受け締切時刻の繰り下げや、到着列車の貨物引き渡し時刻の繰り上げを実施。
このE&S方式導入にあわせ、輸送障害時の急送品の迅速な取り卸しが可能に。また列車の発着が可能な線路を現行3線から7線に増設。列車運転計画の変更が柔軟になるなど異常時対応能力が向上する。
またコンテナホームを拡張し、これまで最大14両対応だった荷役線を26両までの荷役が可能になり、取扱能力を向上させる。
写真上はリニューアル後の横浜貨物駅(画像:JR貨物)。写真下は2011年当時の横浜貨物駅(画像:鉄道チャンネル編集部)。

関連記事リンク(外部サイト)

スマートフォンとQRコードで道案内 視覚障がい者向け駅構内ナビゲーションツール「shikAI」体験会レポート
「夜行列車で行く 秩父絶景ツアー」10/18はLaviewで夜の池袋から、11/22は40000系で……新木場から!?
JR東日本2019年11月30日(土)ダイヤ改正 相鉄・JR直通線開業、埼京線の運転間隔や快速列車停車駅も見直し

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき