ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

早見優、ライブで“全曲口パクの過去”告白に 山里亮太「素晴らしい」

早見優、ライブで“全曲口パクの過去”告白に 山里亮太「素晴らしい」
(画像は早見優公式Instagramのスクリーンショット)

12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、11日に行われた「80’s IDOL Fes」の事前記者発表会での様子が放送され、早見優、松本伊代、西村知美、渡辺美奈代が同番組のインタビューに応じた。
その中で、早見が「生涯で最も後悔している」という出来事について明かした。

■風邪で声が出なくなり…

番組MCの加藤浩次に対し、「歌手生活37年間の中で、唯一ファンの皆さんに申し訳なかったライブがある」ことを、クイズとして切り出した早見。
ワンマンライブ当日に風邪で声が出なくなり、全曲口パクをしてしまったことが、過去に1度だけあったそう。
当時、早見は罪悪感から「申し訳ないなと思って、『みなさん、今日お送りしているライブは全部レコードです』ってオープニングのMCで言っちゃった気がします」と、正直にファンに打ち明けたという。
関連記事:元ももクロ・早見あかり、年内結婚へ 「アイドルだったの?」と驚きの声も

■天の声「素晴らしい」

早見の告白に、スタジオからは「ということは、このとき以外はちゃんと全部歌ってるってことだよね?」などの声が。
コーナーを進行していた「天の声」こと山里亮太は、「これを生涯で一番の後悔って言えるところがね、素晴らしいですよ」と早見のプロ意識の高さと、ファンを思う姿に感嘆の声を漏らした。

■視聴者からも称賛の声

たった1度、ワンマンライブで生歌を披露できなかったことが、歌手人生の中で1番の後悔であると語る早見に、山里のみならず、視聴者からも称賛の声が相次いでいる。
「早見優が今までで一番申し訳なかったライブが全曲口パクだったって…」
「早見優さんの今までのライブでの後悔が『風邪で声が出なかったため全曲口パク』って…風邪ひいてなくても口パクの子もいるような…」
「早見優、ライブで全曲口パクであることをファンに申し訳ないと思ってる、とか偉いなあ」

■約半数が体調不良でも無理した経験

声がガラガラに枯れてしまうほど体調が悪かったにも関わらず、ステージに立っていた早見。しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,732名を対象に実施した調査では、全体でおよそ2人に1人が「かなり体調が悪くても無理して仕事を続けた経験がある」と回答している。
体調悪くても会社
体調不良の際は無理せず休める環境が望ましいが、国民的アイドルともなると、なかなか難しいのだろう。彼女のプロとしての意識の高さを改めて感じることのできるエピソードである。

・合わせて読みたい→オードリー若林、”持たざる者”演じる南キャン山里に激怒 「絶対許さない」
(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,732名(有効回答数)

関連記事リンク(外部サイト)

オードリー若林、”持たざる者”演じる南キャン山里に激怒 「絶対許さない」
『うたの夏まつり』今市隆二の歌声に心配の声 「だいぶヤバかったな…」
堀ちえみ、遺伝子検査を受けた経緯 「知りたくもない」と思っていたが…

しらべぇの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき