ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

名古屋駅に列車進路地上表示装置を新設、JR東海 線路内作業の安全性を向上


JR東海は、名古屋駅に列車進路地上表示装置を新設する。線路内作業の安全性を向上させる取り組みのひとつ。
この列車進路地上表示装置は、軌道内に設置した LED 表示灯を常時点灯させ、列車接近時は列車の進路上の LED 表示灯が点滅。列車の接近を見張員が確認し、列車通過後は LED 表示灯が再び点灯状態に戻る。
点灯試験はことし12月ごろから開始。2020年4月末から運用開始。設置費用は5.7億円。
在来線の保守点検作業は、昼夜を通して多くの列車が往来するなかで行われているため、作業現場への列車の接近を確認する列車見張員を配置。
列車見張員は、列車の接近を作業員に伝達し、作業員を線路外に待避させることで安全を確保している。


写真 記事:鉄道チャンネル編集部

関連記事リンク(外部サイト)

養老鉄道D04編成が「京急塗装」に 記念ヘッドマークも掲出 9/8から営業運転
京王5000系→富士急1200形→岳南9000形の鮮烈オレンジが鉄道コレクションに_吉原駅と吉原本町駅で販売
身延線に急行、静岡発1往復 11/4.10運転

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき