ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

H100形電気式気動車DECMO、最初の投入区間は函館線 小樽-長万部の山線に


量産先行車2両を新製し、走行試験を重ねてきたJR北海道H100形電気式気動車DECMO。その最初の営業運転エリアは函館線 小樽~長万部の山線に決まった。
2018年2月から実施してきた走行試験で各種の検証を終え、量産車13両が落成することから、2019年度末に計15両を投入。2020年春から営業運転を開始し、老朽化しているキハ40形を置き換える。
今回の函館線への投入で、201系気動車をのぞく、ワンマン運転する全列車をこのH100形電気式気動車DECMOに置き換える。
また、早朝の札幌発 然別行き1本のみは札幌~小樽でもH100形が走る。
納車スケジュールは、2019年9月に6両(納車済み)、2020年1月に7両。
JR北海道はさらに、2020~2021年度にH100形を60両導入する計画。この新車投入で、経年35年以上の老朽化する車両を置き換えていく構え。
<JR北海道H100形電気式気動車DECMOの特徴>
・電気式気動車システムの採用
・全自動空調装置完備
・低床化によりホームとの段差を縮小
・車いすスペース・車いす対応洋式トイレ設置
・液晶式運賃表示(英語に対応)
・急勾配での落葉や積雪による空転発生の抑制
・急ブレーキ時の車輪踏面傷発生の抑制

鉄道チャンネル編集部

関連記事リンク(外部サイト)

JR北海道 10月もスーパーとかち、スーパーおおぞらに「お先にトクだ値」を設定 乗車券+特急券がおよそ半額に
北海道ニセコC62形3号機やキハ40山紫水明、苗穂工場 9/7一般公開
函館市電に無料電車「北方領土返還号」 きょう8/23に9603号らっくる号で運転

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき