ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

素材を一新して登場!アークテリクス PROTON LT HOODY

アークテリクス PROTON LT HOODY

高い通気性と優れた耐久性を兼ね備え、 環境へのインパクトを考慮した染色技術を採用した化繊中綿シリーズ 、アークテリクス PROTON LT HOODYが素材を一新して登場。

アークテリクス PROTON LT HOODYとは

アークテリクス PROTON LT HOODY

高い通気性と適度な保温性、ソフトで快適な着心地を兼ね備える「PROTON LT HOODY」は今季素材を一新。
中間着にとって重要な機能は保温性。しかし、保温性を単に維持するだけではアクティブな長時間行動により、オーバーヒートを引き起こしてしまう可能性がある。
アークテリクス PROTON LT HOODY

そこで、摩擦に強く、毛玉にもなりにくい業界最高水準の高い耐久性と通気性を備えた素材を採用し、大幅に通気性を向上。また、アークテリクス独自開発の中綿、コアロフト™ コンパクトにより保温も維持。
アークテリクス PROTON LT HOODY

裏地には環境に対するインパクトの少ない染色プロセスで製造されたドープ パーミエアー™ 20 を採用。運動量の変化にかかわらず、ソフトで快適な着心地と耐久性を提供する「PROTON LT HOODY」にリニューアルした。

アークテリクス PROTON LT HOODYが備えた染色技術

アークテリクス PROTON LT HOODY

アークテリクス PROTON LT HOODYは、ドープ ダイ テクノロジーと呼ばれる環境へのインパクトを軽減する新たな染色技術を採用している。
裏地に使用しているドープ パーミエアー™ 20 は生地の段階で染色する工程は行わず、着色されたポリマーから直接紡ぎ出だした糸で生地を製造している。 この染色技術により、消費電力は 55%と CO2 排出量 32%、科学物質は 34%そして、水の使用量は 62%削減し、環境へのインパクトを抑える効果がある。

アークテリクス PROTON LT HOODYの主な特徴

アークテリクス PROTON LT HOODY
ファスナー付チェストポケット ファスナー付チェストポケット
アークテリクス PROTON LT HOODY
 2 つのフロントハンドポケット搭載 2 つのフロントハンドポケット搭載
アークテリクス PROTON LT HOODY
裾のずれを防止する調節可能なアジャスター付 裾のずれを防止する調節可能なアジャスター付
アークテリクス PROTON LT HOODY
フードはヘルメットをすっぽり覆うことのできる形状 フードはヘルメットをすっぽり覆うことのできる形状 。ヘルメッ トの有無にかかわらず調節が可能なワンタッチアジャスタ搭載 。

素材を一新して登場!アークテリクス PROTON LT HOODY
ARC’TERYX(アークテリクス) Proton LT Hoody Men’s プロトン LT フーディー メンズ 24007 Black S

created by Rinker
ARC’TERYX(アークテリクス)
Amazon

楽天市場

Yahooショッピング

関連記事リンク(外部サイト)

ビッグアグネスの最軽量テント「フライクリークHV1カーボンwithダイニーマ」
南アルプス大縦走 2日目「高山裏避難小屋~百間洞山の家」
山ごはんの新しい形-登山・トレイルランにフードテックを取り入れる

山旅旅の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき