ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

スパイグッズを買うなら国産品と中華製どっち?

スパイグッズを買うなら国産品と中華製どっち?

調査や監視用の特殊な機器、いわゆる「スパイグッズ」。かつては国産の専門メーカーが提供する商品ばかりで、価格も5万円以上がざらでしたが、ネット通販の普及とともに安価な中華製も増えてきました。今では5千円~1万円程度で手軽に買えるモノも多数あります。スパイグッズを取り巻く現状について解説しましょう。

スパイグッズはプロ向けに販売された

スパイグッズはカメラタイプと音声を集音するICレコーダータイプが基本ですが、大きく2ジャンルに分類できます。1つは、コンパクト化を追求した小型のモノ。もう1つが、ボールペンやUSBメモリなど別のモノにカモフラージュした擬装型です。

小型化の開発過程で、擬装型の方向にも進化したのでしょう。この擬装型は、単に形を似せているだけでなく、ボールペン型ならボールペンとして文字を書けたり、USBメモリ型ならPCに挿して充電&データの保存も可能といった具合に、擬装元の機能も備えるようになっています。

こういった特殊なアイテムは元々、日本の専門メーカーが少ロットで生産し、東京・秋葉原や大阪・日本橋のセキュリティショップでプロ向けに販売されていたもの。価格も高く5万円程度からというのが相場でした。

スパイグッズのメインユーザーは、警察関係者や探偵など調査のプロ。彼らは安さよりも、耐久性などの質を重視するため、需要と供給のバランスは取れていたわけです。

中華製スパイグッズによる価格破壊

一方、2000年代に入ってネット通販が普及してくると、スパイグッズに対する一般ユーザーの需要も高まってきました。そこで2010年頃から、中華製スパイグッズが入ってくるようになり、価格破壊が起きたのです。

Amazonなどでは、腕時計型の擬装カメラが5千円程度から多数見つかります。また、これら中国製品に日本語の取扱説明書を付けてブランド化し、1万円前後で販売する日本の専門ショップも出てきています。

スパイグッズは、本格的な機能や耐久性を求めるなら昔ながらの国産メーカー品、個人で使うなら安価な中華製モデル…と、現在は選択肢が広がっています。会社でのパワハラや、学校でのイジメの証拠を押さえるといった自己防衛のために、安価な中華製スパイグッズの活用は有効でしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき