ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

恋愛マスター・くじら、仕事中の様子に美人妻が爆笑 「腹筋割れる」

恋愛マスター・くじら、仕事中の様子に美人妻が爆笑 「腹筋割れる」
(画像は佐々木かい公式ブログのスクリーンショット)

どんな環境で仕事をするかは人それぞれ。しかし、ときに周囲の人が見ると、「いかにも」過ぎて戸惑ってしまうスタイルの人も。
恋愛マスターとして人気を集めるタレント・くじら(44)の妻、佐々木かいさん(30)のブログ記事が注目を集めている。

■書斎で仕事中のくじらを見ると…

夫婦ともに生まれ育った東京を離れ、郊外に移住したことを綴っていたかいさん。くじらは最近、恋愛マスターとしてコラム記事を書く仕事が多いそうで、それを踏まえて新居には彼の書斎を作ったという。
その部屋には、かいさんと愛犬は基本的に出入りしないようにしているのだが、ふと覗いた瞬間、仕事中のくじらの様子に衝撃を受けることに。
関連記事:内見せず引っ越した新居で思わぬ誤算 「めっちゃ使いにくい」

■クラシックをBGMに恋愛コラム執筆

というのも、くじらはクラシック音楽を聴きながら執筆していたというのだ。クラシックの甘美な響きが、数々の名言につながる……のかは不明だが、この姿にツボってしまったかいさん。
「私はクラシックを聴きながら恋愛コラムを書いている人と結婚したんだなぁ」と思い、腹筋が割れるくらい爆笑してしまったと綴った。

■「ウケる」「面白い」

くじらと言えば昨年、『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に夫婦で出演した際、「1回フラれる口説きテク」を熱弁し、大きな話題になった。そのテクニックは奥手男子には勇気のいる方法だったが、くじらのイケメンな執筆スタイルを知ると、彼が実践していたのも納得だ。
かいさんの綴ったブログ記事に対し、読者からは「ウケる」「面白い」などの声が寄せられている。
「たしかに…ウケるぅ~笑」
「クスッと笑える日常を切り取るのがお上手ですね」
「結婚生活を楽しんでいる事が伝わってくる内容のブログで読んでいてクスっと笑ったり、わかる~と共感したり面白いです」

■クラシック好きは3人に1人

くじらが好んで聞いている様子のクラシックだが、世の人々はどの程度支持しているのだろう。
しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体の33.5%が「クラシック音楽が好き」と回答。男性は31.6%だったのに対して、女性は35.3%と、女性のほうが文化的で優雅なクラシックを好む傾向があるようだ。
クラシック音楽
くじらのように恋愛上手になりたい人は、クラシックを聞いてロマンチックな気持ちに浸るのもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→仕事で忙しい彼に「寂しい」とLINE 悲しい返事にヤケクソになった彼女は…
(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

関連記事リンク(外部サイト)

内見せず引っ越した新居で思わぬ誤算 「めっちゃ使いにくい」
恋愛下手が多すぎる… 恋愛マスターに聞くモテ術「初級編・上級者編」
仕事で忙しい彼に「寂しい」とLINE 悲しい返事にヤケクソになった彼女は…

しらべぇの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき