新iPadのディスプレイは10.2インチ! 専用OS搭載して出荷

access_time folderデジタル・IT
Appleは10日に開いたスペシャルイベントで、iPad第7世代も発表した。スクリーンは前モデルから大きくなって10.2インチ。初めてiPad専用OSを搭載して出荷されるモデルとなる。

複数のアプリが同時に使えたり、Smartキーボードに対応したりと使い勝手が格段によくなっているが、価格は最もベーシックなWi-Fi対応32GBモデルが3万4800円(税別)〜と、エントリー向けとなっている。9月30日発売。

・PC代わりに

スクリーンは大きい方がいい、という人にはうってつけだろう。しかも絵を描いてよし、映画を観てよしの高精細なレティーナディスプレイだ。

画面が大きくなるとPC代わりとしての活用度も高まるが、それをサポートするようにエントリーモデルとしては初めてSmartキーボードに対応する。キーボードを使えば入力が早くなり、作業効率も上がる。もちろん、Apple Pencilも使える。

・フル充電で最大10時間

また、搭載するA10 Fusionチップで、4Kビデオの編集やグラフィックスを多用しているゲーム、ARアプリの体験がかなりスムーズなものになる。そしてこのチップはバッテリー効率がいいのもポイントで、フル充電で最大10時間駆動するのも心強い。

一方、iPad OSではマルチタスクキングできるのが売り。書類を作成しながらFaceTime通話をしたり、写真を閲覧したりといったことがサクサク行える。

iPadを出先に携帯する人は多いかと思うが、重さはWi-Fiモデルが483グラム、Wi-Fiにセルラーがついているモデルでも493グラムなのでまず許容範囲だろう。カラーはスペースグレイ、シルバー、ゴールド。

ストレージは32GBと128GBが用意され、32GBでWi-Fiにセルラーも付いているモデルだと4万9800円(税別)となる。ストレージ128GBの場合、Wi-Fiのみで4万4800円(税別)。Wi-Fi、セルラー共に対応するタイプだと5万9800円(税別)。

Apple

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧