Appleのデザイナーによる丸ごとダイヤモンドの指輪がまぶしすぎる

access_time create folder生活・趣味

“ダイヤモンドの指輪”というと、通常プラチナなどの指輪にダイヤモンドがのっているものです。しかし、指輪全体が丸ごとダイヤモンドで出来ている指輪こそ、本当の“ダイヤモンドの指輪”ではないでしょうか。

そんな本物の“ダイヤモンドの指輪”をデザインしたのが、Appleのチーフ・デザイン・オフィサー(Chief Design Officer)であるジョナサン・アイブ氏と、同じくAppleのデザイナーであるマーク・ニューソン氏です。ちなみにダイヤモンドは天然のものではなく、人工のものとなっています。

Jony Ive’s and Marc Newson’s DiamondRing(YouTube)
https://youtu.be/79rhPTmATIU


45カラットの100%ダイヤモンドの指輪は、昨年オークションハウスのサザビーズが開催したチャリティーオークションに出品され、25万6250ドル(約2750万円)という価格で落札され、全額がエイズ対策のために使われるそうです。なお、落札者は公表されていません。

婚約指輪と言えば、一時期「給料3か月分」が相場と言われた時代もありました。そんな婚約指輪の平均カラット数は、大体0.2~0.4カラットだそうです。人工ダイヤモンドとはいえ、45カラットの丸ごとダイヤモンドの指輪は、輝きもそうですが、迫力が違いすぎますね。

※画像:
http://www.sothebys.com/en/auctions/ecatalogue/2018/red-n10000/lot.pr.9YPHM.html#

※ソース:
https://www.designboom.com/design/lab-grown-diamond-ring-jony-ive-marc-newson-red-09-06-19/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧