ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ヘルスリテラシー、あなたは高い?低い?

スコアリング社会に新しい指標がまた登場したようです。それは「ヘルスリテラシー」。「ヘルスリテラシー」とは、健康情報を理解し、活用できる能力のこと。この数値が高い人ほど健康に自信があり、長く働くことができるそうです。

健康に自信がない女性は仕事でも自信がない

働く女性1027名を調査したところ、8割が月経に問題を抱え、3割が貧血持ち。それもあってか働き続ける自信が「あまりない」もしくは「ない」と答える女性も3割を超えるという結果が出ました(日経BP総研メディカル・ヘルスラボ調べ)。

女性の3割が体にムチ打って働いているのだとしたら、心配です。『日経WOMAN』2019年9月号では「健康に自信がある人とない人の違い」を比較しています。すると自己評価に大きな違いがあることがわかりました。健康に自信がある人は自己評価が9点と高いのに対し、自信がない人は6点と低かったのです。日経ウーマン 2019年9月号 (2019年08月07日発売)
Fujisan.co.jpより

健康に自信がないと離職率が高くなる

また、健康に自信がある人は長く働く自信が「ある」「まあまあある」と答えた人は88%にものぼるのに対し、健康に自信がない人はたった16%しかありませんでした。全体の「離職を考えた」または「離職した」理由のトップは「心の不調」(68.4%)と「体の不調」(59.2%)なのです。

ここで注目したいのは、心の不調が体の不調を抜いて離職の理由トップになっているという点。もしストレスの原因が職場にあるのだったら、離職を考えてしまうのも無理はありません。

どうしたら健康で長く働き続けられる?

多様化の現在、さまざまな働きかたが生まれています。必ずしも週に5日毎日8時間労働をしなくてはならないということもなくなってきています。テレビ電話システムを利用し、自宅から会議に参加するということもできるようになってきました。自宅で仕事をすれば、少なくとも通勤のストレスからは解放されます。職場のいやな人とも顔を合わせなくて済むかもしれません。

どういうところにストレスを感じているかは人それぞれですが、まずはどこに原因があるのか自問自答してみることが必要なのかもしれません。アメリカではフリーランスの数がどんどん増えて現在35%、ゆくゆくは50%を超えるのではと言われています。日本人は現在17%がフリーランスですが、今後さらに増えると言われています。こうした動きも、自由に仕事をしたいという気持ちのあらわれなのかもしれません。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき