ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

山本太郎代表必読!難病をかかえた子供とその両親の感動のストーリー

7月21日に投開票が行われた参議院選挙では、山本太郎代表の「れいわ新選組」から出馬したお二人の当選が大きな注目を集めました。

そのお二人と言うのが、難病のALS筋萎縮性側索硬化症の舩後靖彦議員と脳性まひで重度障がい者の木村英子議員でございます。

国会のバリアフリー化はもちろんでございますが、重度障がい者の方が国会内に議席を得たことには、ゴイスーに価値のあることでございます。障がい者の方やその周りの方々の環境が改善されることを願っております。

そのお二人の当選の1カ月前、こんな絵本が日本で出版されたのをご存知でございましょうか。

AHDS(アラン・ハーンドン・ダドリー症候群)という、先天性の脳の難病をかかえた子どもと、その両親がモデルになった絵本でございます。命を授かった誰もが分け隔てなく大切にされ、共に生きることへの願いが込められている物語でございます。

とはいえ、道徳道徳した絵本ではございません。大人好みのストーリー展開と絵が楽しめる大人絵本でございます。もちろん、お子様にも是非、読んで頂きたい。

「森のあかちゃん」(文:コゼッタ・ザノッティ 絵:ルチア・スクデーリ 訳: 佐藤まどか 出版社:BL出版)

ある夜。森にすむクマ夫婦のところに、夜空から赤ちゃんが届きます。ずっと子どもを欲しがっていた夫婦は大喜びでございます。ところが、その赤ちゃんは、クマではなく魚でした。クマ夫婦は、そんなことを気にすることなく水槽の中で泳ぐ魚を愛でます。しかし、二人を祝いに来た森の動物達は、その様子にとまどいます。そんななか、クマ夫婦は魚の入った水槽を抱いて、どこかに向かいます。魚の赤ちゃんにふさわしい場所に向かうのか、それとも……。クマ夫婦のこの行動がゴイスーに素敵なのございます。是非、読んで見て頂きたいのでございます。

ご想像のとおり、森の動物達が障がい者を取り巻く世の中を象徴しております。

大人はその辺りを意識して読むと思うので、より心に刺さるのでございます。

それだけではございません。お話の構成も大人っぽいのでございます。かっこいいのでございます。通常の日本の絵本は、小さいお子様を意識して、時間軸などストーリーの構成は極力シンプルに、わかりやすいものになっております。

しかし、こちらは上質な映画、ドラマを観ているような構成になっております。

さらに、絵も素敵ございます。こちらも大人好みでございます。ちなみに絵を担当されたルチアさまは、イタリア国内で最も優れたイラストレーターに授与されるイタリア・アンデルセン賞を受賞されております。

モデルとなったご夫婦は、2003年に、ダヴィデくんを養子として迎えます。

最初は順調でございましたが、そのうちに、ダヴィデくんが体と頭の動きがコントロールできないとこに気付きます。その後、難病のAHDS(アラン・ハーンドン・ダドリー症候群)という診断が下るまで12年かかったそうでございます。2015年のことでございます。それから、ご夫婦は協会を設立するなど、この病気のことを多くの人に知ってもらうための活動をされております。

ご夫婦は、この本に刊行にあたり、このようなコメントをされております。

「この本が、人生の驚きと向き合い、毎日を生きていくことへの招待状になってくれることを願います。困難な中でも、私たちにとってそうだったように」

かけがえのない命の大切さ、それを見守る大きくたくましい優しさが伝わる大人絵本でございます。

(文:絵本トレンドライター N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき