来店客に同伴する飼い犬が安全に過ごせるスマート犬舎を米大手スーパーが店舗に導入

access_time create folderデジタル・IT
米国の大手食品スーパーAlbertsons(アルバートソンズ)は、来店客に同伴する飼い犬に向けて、米ニューヨークで開発されたスマート犬舎「DogSpot」を2019年8月30日からアイダホ州の2店舗で導入した。

・飼い主が買い物している間、犬が安全かつ快適に過ごせるスマート犬舎

アイダホ州ボイシー市とメリディアン市の2店舗で設置された「DogSpot」は、犬小屋のような外観。

犬が安全かつ快適に過ごせるよう、内部が適温に自動制御されており、利用ごとに自動で消毒する紫外線の殺菌灯も装備されている。

ユーザーは、専用アプリを通じて、利用開始時刻の15分前までに予約できるほか、到着時点で空いていればすぐに利用可能。

ユーザーのアカウントでのみ「DogSpot」を解錠できる仕組みで、ユーザーが買い物をしている間、同伴の飼い犬を「DogSpot」で安全に待たせることができる。

また、「DogSpot」の内部にはカメラが装着され、ユーザーは、専用アプリを介して、「DogSpot」で待機している飼い犬の様子を確認することもできる。

利用料は、1分あたり30セント(約32円)だ。

・米国で「ドッグフレンドリー」なスーパーが広がる

米国では、最近、「DogSpot」を導入する食品スーパーが増えつつある。

ワシントン州を拠点とするクオリティ・フード・センター(QFC)が2019年4月、シアトルの8店舗で「DogSpot」を導入したほか、北東部で展開するStop & Shopの店舗でも、5月28日から12週間にわたって「DogSpot」が試験的に導入された。

「DogSpot」のような機能を備え、ドッグフレンドリーな店舗となることで、競合との差別化を図ろうとしているようだ。(文 松岡由希子)

PR Newswire / DogSpot

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧