ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Z会グループとEduLab、AIを活用した「英語スピーキング自動採点」の共同研究を開始 評価者の主観でバラつきがちな判断基準の一律化を目指す

このところ、AIはあらゆる業界、分野に進出しており、身近な存在になってきている。

教育業界も例外ではない。教育サービス事業およびAI事業を展開する株式会社EduLabは、株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)と資本業務提携を締結し、取り組みの第一弾として、「AIを活用した英語スピーキング能力の自動採点に関する共同研究」を開始したと発表した。

・世界に拠点を構え、EdTech事業に取り組むEduLab

EduLabは、EdTech分野の事業開発、教育ITソリューション・プラットフォームの提供などを手がけており、東京、シアトル、シンガポール、香港、北京、上海、バンガロール、プネといった、世界各地で拠点を展開している。

一方、Z会グループは、株式会社Z会、株式会社栄光などのグループ各社から構成され、幼児から大学生、社会人まで幅広い年齢層を対象とし、通信教育、学習塾、英会話教室、教育サービスを提供している総合教育グループ。Z会の通信教育は、誰でも一度は耳にしたことがあるだろう。

・2018年12月に資本提携を締結

2018年12月に、EduLabとZ会グループは資本提携を締結。Z会グループの持つ良質な学習コンテンツおよび添削指導のノウハウと、EduLabの持つテスト技術およびAIを始めとしたIT技術を掛け合わせることにより、新しい最先端の教育を目指していく。

その業務提携の第一弾として、両社は英語学習におけるスピーキングの能力測定および自動採点技術の共同研究を開始。

次期学習指導要領や2020年度の大学入試改革に向けて、英語学習については4技能(「話す」「書く」「読む」「聞く」)の能力が重要になってくる。だが、「話す」(スピーキング)能力の測定や評価については、評価者により結果にバラつきが生まれやすく、コストがかかる点が懸念されているという。

そういった懸念点解決のために、Z会グループが実施する英語4技能テスト「英語CAN-DOテスト」(2018年度受験者実績:約8000名)における、数万規模の解答音声データ、観点別の評価データを基盤に、EduLabのテスト技術およびAIを活用した自動採点技術を取り入れた、スピーキング自動採点の技術開発を進めていく。

・東京外国語大学大学院教授が監修

また、この共同研究では「CEFR-J」の開発者である投野由紀夫氏(東京外国語大学大学院教授)を監修者に迎えている。「CEFR-J」とは、欧州共通言語参照枠(CEFR)をベースに、日本の英語教育での利用を目的に構築された、新しい英語能力の「到達度指標」のこと。

同氏は、「小、中、高、大の一貫する英語コミュニケーション能力の到達基準の策定とその検証」をテーマにした研究に取り組んできた。氏の協力のもと、スピーキング自動評価の妥当性や信頼性を突き詰め、研究成果の学会等での共同発信を行っていく予定だという。

両社は今後も、それぞれが持つ強みやノウハウを生かし、共同で教育現場や学習者の様々なニーズに対応していく。

英語など外国語のスピーキング能力を正しく測定することは、ネイティブでない私たちにとって最難関の作業のひとつだろう。ともすると主観的な判断になりがちだったところ、客観的に誰でも均等な評価を受けられる指標の確立は、試験の採点作業の効率化という意味だけでなく、外国語学習者の理解を進める大きな一歩となりそうだ。

株式会社EduLab
PR TIMESリリース

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき