いつか体験してみたい!アムステルダム近郊にある古都ハーレムで運河クルーズ

access_time create folder生活・趣味
アムステルダム近郊 ハーレム 風車 運河クルーズ

ハーレムの運河クルーズ

古都ハーレム(ハールレム)は、球根栽培で古くから知られ、「花の町」という愛称で多くの人に愛されてきました。

活気のあるアムステルダムとはまた違い、穏やかな時間が流れる街なんです。人々の生活が身近に感じられて、リラックスできる街の運河クルーズに参加してきました。

アムステルダム近郊 ハーレム 風車 運河クルーズ
この回の乗客は4人のみ。筆者以外はみな駆け込み申込で、ギリギリの時間に乗車しました。当日ふらっと参加することも可能な、本当に気軽な運河クルーズです。

料金は14ユーロ。スパールネ川を50分ほど巡ります。テイラース博物館前から出発し、中央駅やフランス・ハルス美術館などの脇を通ります。

アムステルダム近郊 ハーレム 風車 運河クルーズ
ヨーロッパでは珍しくない白鳥と逆行しながらスタート。

アムステルダムの運河クルーズとの違い

アムステルダムの運河クルーズとの違いは、まず船の形状にあります。ネットでいろいろアムステルダムの運河クルーズを見た限り、どれも船は屋根付き。ガラス張りでそこから景色を見る形です。

アムステルダム近郊 ハーレム 風車 運河クルーズ
それに対して、こちらは、オープンエア!あたりの空気をダイレクトに感じながら、直接周りの景色を見ることができます。雨が降ったら傘をさすシステムです!寒いときは、ひざかけもあります。(もっと高級なタイプの船もあるようですが、ツアー内容が変わってきます)

アムステルダム近郊 ハーレム 風車 運河クルーズ

アムステルダム近郊 ハーレム 風車 運河クルーズ
さらにさらに。ハーレムの運河クルーズでは、風車が見られるのです!デ・アデリアーン風車と呼ばれるもので、1778年に建てられたものが1932年に火災にあって消失したのですが、最近復元されたとか。地域住民が70年かけて資金を貯めたそうです。オランダで最も美しい風車の一つと言われていただけに、地元の人も絶対に再建したかったのでしょうね。

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧