Foxes in Fictionの5年ぶりニューAL『Trillium Killer』が10/4日本先行リリース

access_time create folderエンタメ
Foxes in Fictionの5年ぶりニューAL『Trillium Killer』が10/4日本先行リリース

Warren Hildebrandによるソロ・プロジェクト、Foxes in Fictionが超傑作『Ontario Gothic』以来5年ぶりとなる『Trillium Killer』が10/4に日本先行リリースが決定した。

5年ぶりのリリースとなる本作はWarrenのホーム・レコーディング・スタジオにて2017年から2019年にかけて録音された。

今回はほとんどのヴォーカルをWarren自身が担当しているが、オーケストラル・ストリングスとエレクトロニック・ベースがドラム・マシンやカセットのサンプリングと共に、柔らかくまばゆいサウンドスケイプを描き出し、Warrenの幽玄的でたおやかなヴォーカルと融合しながらドリーミーで美しい世界を構築。

Orchid Tapes周辺の多彩なゲスト陣もアトモスフェリックに彩りを添え、前作を超える夢幻/無限の名作を完成させた。

日本盤にはボーナス・トラックが3曲収録。CDリリースは日本のみ。(三)


Foxes in Fiction – Antibody [official audio]size=”-1″>
Artist: Foxes in Fiction
Title: Trillium Killer

Cat#: ARTPL-119
Format: CD / Digital
※ボーナス・トラック3曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※日本のみでCD化 ※CDは2週間先行発売
※解説・歌詞対訳: 清水祐也

Release Date: October 04, 2019 (CD) / October 18, 2019 (Digital)
Price(CD): 2,100yen + 税

TRACKLISTING:

01 Ontario Sunshine
02 A Softer World
03 Extinguisher
04 Rush To Spark
05 Say Yes To Violence
06 Ontario Sunshine Pt. 2
07 Antibody
08 Summer Of The Gun
09 Trillium Killer
10 Second Chances – Vantablack
11 Someone Who Isn’t Me *
12 A Softer World (2017 demo) *
13 Ontario Sunshine Pt. 3 (feat. Emily Yacina) *

* = Bonus Track

Foxes in Fictionの5年ぶりニューAL『Trillium Killer』が10/4日本先行リリース

FOXES IN FICTION
トロント出身で現在はニューヨークを拠点に活動しているWarren Hildebrandによるソロ・プロジェクト。
2005年、15歳の時にサンプル・コラージュ・プロジェクトとして始動。テープ・マシン、フィールド・レコーディング、デジタ ル・マニュピレーションなどを駆使して作品を制作。そして2010年に自身のレーベルOrchid Tapesを立ち上げ、デビューEP『Alberto』をリリース。同年ファースト・アルバムは『Swung From the Branches』を発表。当初は自身のサイトでフリー・ダウンロード公開していたが、その後Ghostly International所属のJakub Alexanderが運営する名門デジタル・レーベルMoodgadgetからリリースされた。2014年にはセカンド・アルバム『Ontario Gothic』をリリースし、そのアンビエント・ドリーム・ポップ・サウンドは各所で高い評価を得る。
またOrchid Tapesは自身のみならず、様々なアーティストの作品をデジタル、カセット、ヴァイナルでリリースしている。

access_time create folderエンタメ
local_offer

OTOTOY

ハイレゾ音楽配信/メディア・サイト。記事も読めるようになったアプリもよろしくどうぞ。

ウェブサイト: http://ototoy.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧