バンライフで日本旅(2)| バンライフの「メリット」と「デメリット」

access_time create folder生活・趣味
vanlife

バンライフの魅力って?

こんにちは。当連載『バンライフで日本旅』の筆者・SAWAです。筆者にとってのバンライフは、おもしろさに負けず劣らず、ほろ苦いエピソードも目白押し。車暮らしの時間が長くなればなるほど、楽しさと過酷さの混沌のなかで日常が過ぎていくことも・・・。

それでも、バンライフを続けるにはワケがある。ということで今回は、『バンライフの魅力』をテーマに連載をお届けしたいと思います。

バンライフの「メリット」と「デメリット」

ところで、バンライフの魅力を掘り下げる前に、バンライフのメリットとデメリットとは一体どんなところにあるのか?まずは、ここから考えてみたいと思います。

バンライフから感じることは人それぞれですが、ここでは筆者の感じるメリットとデメリットをお伝えします。あくまでも参考程度に捉えていただければと思います。

vanlife

バンライフのメリット

【その1:旅費を節約できる】
とくに長期で旅をする場合、バンライフの最大のメリットは旅費の節約にあります。家計を圧迫する宿泊費や交通費を抑制できるため、旅費の節約に大きく貢献。節約した費用は、別の部分にまわすことができます。

【その2:時間の制約を受けず、自由な旅が叶う】
車で移動して車で寝泊まりをすることから、時間に制約されない、自由な旅を可能にするバンライフ 。例えば、交通機関の時刻表によって行動が縛られることはありません。また、寝泊まりする場所によっては、チェックイン・チェックアウトといった時間が存在しないことも。そのため、マイペースで旅を楽しめます。

vanlife

【その3:直感的に行動できる】
時間の制約を受けにくいことから、バンライフなら突然のルート変更や旅程変更も柔軟に対応できます。目的地を決めずに旅をしたり、道中、ふと気になった場所に寄り道したりと、直感で動くことが可能です。直感の先に、旅(人生)がもたらす“偶然という必然”を体験することも。

【その4:自然との距離を近くに感じられる】
ある朝、目が覚めると、車窓から見えるのは今まさに昇ろうとする朝陽。夜がふけると、車窓には月が輝きます。オートキャンプ場、森のなか、海岸線。どこに泊まるのかは自分次第。キャンプにも似た感覚で、自然を身近に感じられます。

vanlife

【その5:自分にとって本当に必要なものを整理する機会を与えられる】
限られた車内のスペース。バンライフの期間が長期にわたるほど、荷物の量に制限がでてきます。生活必需品に春夏秋冬の衣類、趣味や仕事の道具。生活に最低限必要なものは何か?自分にとって本当に必要なものを考える機会になります。

【その6:防災として】
災害は誰のもとにも起こって欲しくない。これは筆者の正直な気持ちです。筆者は防災に備えてバンライフをしているわけではありませんが、バンライフの知恵が防災に活きることがあります。

バンライフのデメリット

【その1:予定調和にならない】
思いも寄らない車の故障、道路渋滞、気候の影響(例えば、旅先での台風)のおかげで、物事が計画通りにすすまないことも。バンライフの旅に予定調和にを求めるのは困難です。予定調和を求めると、ストレスがたまりますよ(笑)

vanlife
1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧