Lightningで繋ぐだけ!ポケットサイズのプロジェクター「BJOU」はiPhoneのお供にピッタリ

access_time folderデジタル・IT
場所をとらないため、自宅でTVの代わりにプロジェクターを使っているという人は少なくないはず。そんなプロジェクターが簡単に持ち運べ、iPhoneに繋ぐだけで利用できるとしたらさらに便利ではないだろうか?

今回紹介する「BJOU」はまさにそんな痒いところに手の届くモバイルプロジェクターだ。

・Lightningケーブルで繋ぐだけでアプリも不要

BJOUはiOSデバイスのためにデザインされたプロジェクターで、Lightningケーブルで繋ぐだけですぐにデバイスの画面を投影することができる。そう、つまりアプリも不要ということだ。

もちろんオーディオジャックを使って外付けスピーカーに繋ぐこともできるが、スピーカー内蔵のため、iPhone本体から流れてくるスピーカーより高音質なサウンドを楽しむことができるだろう。

・ポケットサイズで旅行にもピッタリ

更に驚くのはそのサイズだ。胸ポケットに入るほど薄く小型に作られているため、外出時の持ち運びにもピッタリ。1150mAhのバッテリーも内蔵だが、15分以上投影する場合は電源ケーブルで電力を供給することが推奨されている。

ちなみに、明るさは50 Lumens、解像度は1024×600pxだ。本体はあくまでiOSデバイス用にデザインされているため、Androidでは使えない点は注意が必要だ。これを良しとするかはユーザーに委ねられるだろう。

BJOUは現在Kickstarterにてキャンペーンを実施しており、今なら1台299ドル(約3万1970円)から出資注文が可能だ。キャンペーンは2019年10月16日まで実施されている。

執筆:Doga

BIJOU/Kicksarter

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧