ゲームの疲れはマッサージで癒す! Acerが新ゲーミングチェア「Thronos Air」発表

access_time create folderデジタル・IT
歯科クリニックにある患者用の椅子や航空シュミレーターなど、さまざまな分野で特殊なニーズに合わせたスペシャルなチェアがあるが、Acerがこのほど発表した「Thronos Air」はまさに、ゲームのための特別チェアだ。

目の前にモニター3台を広げられ、キーボードやマウスなどを好みの場所に配置できなど自分だけのゲーム空間をつくれるというもの。そして、たっぷりゲームを楽しんで疲れたらマッサージも受けられる。

・149万円!

ゲーム市場は右肩上がりに成長していて、そうした動向を踏まえAcerは2008年にゲームブランド「Predator」を立ち上げた。今回はそのPredatorブランドのゲーミングチェアだ。

Thronos AirはオリジナルThronosの大衆路線モデル。外観や、ゲームに投入できるような仕掛けは同じだが、値段が大きく異なる。初代のThronosが2万9999ドル(約320万円)だったのに対し、Thronos Airは1万3999ドル(約149万円)だ。

どうやらモニターアームの電動化をなくすなどしてコストを抑えたようだ。

・ゲームで疲れた体を癒す

その一方で、Airで新たに加わった機能もある。マッサージだ。ゲームはやり出すと時間を忘れて没頭するもの。気がつけば同じような姿勢を数時間とっていた、ということもあるだろう。そんなとき、このリモコンひとつで作動させられるマッサージ機能は体をほぐすのにうってつけだ。

前モデルよりも安くなったとはいえ、約150万円というのはポンと出せる額ではない。しかし発売するからにはそれなりの需要を見込んでいるはずで、年内に発売されるAirの売れ行きが気になるところだ。

Acer

(文・Mizoguchi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧