ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

キャスト12人初集結!「ヒプノシスマイク 4th [email protected]オオサカ」DAY1はデュエット・DAY2はバトルソングに熱狂[写真 超満載レポ]

音楽原作キャラクターラッププロジェクト“ヒプノシスマイク”のライブ「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 4th [email protected]オオサカ《Welcome to our Hood》」が大阪城ホールにて9月7日、8日に開催。初めてライブに木村 昴さん、石谷 春貴さん、天﨑 滉平さん、浅沼 晋太郎さん、神尾 晋一郎さん、駒田 航さん、速水 奨さん、木島 隆一さん、伊東 健人さん、白井 悠介さん、斉藤 壮馬さん、野津山 幸宏さんのオールキャスト12人が揃う事もあり、早くから話題になっていた本ライブは、日本全国47都道府県と台湾の映画館でライブビューイングが行われ、多くのファンが会場に駆け付けました!

1stフルアルバムの新曲のほか、DAY1はソロやデュエット楽曲、DAY2はバトルソングを含む、両日異なるセットリストで展開した今回のライブ。

これまではライブハウスで開催していましたが、大阪城ホールの広い会場がぎっしりとお客さんで埋め尽くされ、その様子にも圧倒されました!

9月8日開催 DAY2レポート!

開演直前にはDAY1に続き木村昴さん演じるイケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”の山田一郎(CV.木村昴)による注意事項ラップで会場のボルテージを一気に上げます。

“Battleground“とサブタイトルがついている2日目は、Division All Starsによる「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」で幕開け。

1曲目から最高潮の盛り上がりを見せ、続けて配信がスタートしたばかりのアプリゲーム主題歌「ヒプノシスマイク-Alternative Rap Battle-」を12人で披露!

その後、イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”がステージに残り、ラジオ風の楽曲「おはようイケブクロ」に。可愛らしい兄弟喧嘩もステージ上で再現! 

『一兄の“俺こんなこと言わねーよ”のコーナー』では、「一郎だお♪」に笑い声があがったり、「二郎三郎、大阪のみんな、愛してるぜ」と言い放つと、二郎、三郎の「それは言ってもらいたい!」にオーディエンスから「DAYONE(だよねー)!」の大合唱が起こりました。

手拍子で会場一体となった「IKEBUKURO WEST GAME PARK」では、息がピッタリ合ったパフォーマンスと観客との掛け合いで観客を引き込みます。

続けてシブヤ・ディビジョン “Fling Posse”が会場バックステージに登場。物語を紡ぐように「Stella」を披露し、「Shibuya Marble Texture -PCCS-」をFling Posseらしく自由奔放にパフォーマンスすると、恒例の写真撮影! しかし、乱数(白井悠介)がスマホを忘れたとのことで、カメラに向かって「はい、ポッセ♪」の掛け声で「F」のハンドサインでポーズを決めました。

その後、アタック映像を挟み登場したのは“Buster Bros!!! & MAD TRIGGER CREW”。両ディビジョンのVS楽曲「WAR WAR WAR」を披露。左馬刻様(浅沼晋太郎)が後ろでタバコを吸って余裕をみせていたり、2人を応援するように客席を煽っていたりする姿が観られるのもライブならでは……。それぞれ互いに一歩も譲らぬプライドのぶつかり合いとなりました。

1 2 3 4 5次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき